[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID5+0

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointRAID5したものをRAID0するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID5+0とは

RAIDのやり方の一つで、まずRAID5にしたものを、更にRAID0で処理速度も上げちゃうぜ!なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID」というのは「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。

RAID5」は「RAIDのやり方の一つで、RAID4をもちっと負荷分散したRAIDのやり方」です。
処理速度、データの安全性、ハードディスクの容量、すべてを追い求めたバランスの良いやり方だと思ってください。

RAID0」は「RAIDのやり方の一つで、それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むやり方」です。実際には1つのデータを細切れにしたものですが、並行作業で書き込むので処理が速くなります。

つまり「RAID5をもちっと速くしたい!」なときにやっちまうのが「RAID5+0」です。まずRAID5したものをRAID0します。

RAID5+0

「RAID5+0」を単独で理解しようとするのはあまり賢い選択ではありません。
合言葉は「RAID5したものをRAID0」です。
まず「RAID5」と「RAID0」をきちんと理解して「それの複合技なんだな~」くらいで考えた方が無難です。

なんせ最小構成で6台のハードディスクが登場しますからね。
私の絵心で図示しようと考えること自体が無謀ってものですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID5+0」って単語が出てきたら「RAID5したものをRAID0するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク