[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID5

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointRAID4を改良して負荷分散させたやり方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID5とは

RAIDのやり方の一つで、RAID4を改良してもうちょっと負荷が分散するようにしたから、なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID」というのは「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。

このRAIDのやり方にはいくつか種類があります。
そしてその中で「RAID4を改良してみたから」なやり方が「RAID5」です。

RAID5を理解するためには、順番にRAID0RAID1RAID2RAID3RAID4→RAID5と見ていくのが分かりやすいと思います。
RAID0とRAID1が両極端(RAID0は速度重視、RAID1は安全性重視)で、RAID2からは数字が増える毎に少しずつやり方が変わっている感じです。
RAID4がちょっと変化したのがRAID5なので、まずはRAID4までをきちんと理解してくださいな。

お茶でも飲んで待っていますので、ゆっくり見てきてください(--)旦~

ずず~っ(-日-)

それではRAID5が何者かですが、RAID4をベースに「データがおかしくなっても何とかするぜ」データをデータ本体と同居させるようにしたのがRAID5です。

RAID2からは、データを保存するときに、データ本体と「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを保存するようになりました。
この「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータはRAID2では「ハミングコード」と呼ばれるやり方で、RAID3以降では「パリティ」と呼ばれるやり方です。
そしてRAID2、RAID3、RAID4では「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを保存する専用のハードディスクを用意していました。
つまりハードディスクさんは「俺はデータ本体を保存する用の奴だから」「私は『データがおかしくなっても何とかするぜ』なデータ保存用よ」と役割が決まっていたのです。

これを「なんかハードディスクによって忙しさが違うから、皆が平等に忙しくなるようにしよう!」とごちゃまぜにしちゃったのがRAID5です。
最低3台のハードディスクを使うのはRAID4と同じですが、1つのハードディスクの中に、あるデータのデータ本体が保存されると同時に、別のデータの「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータが保存されます。

RAID5

「なんでそんな面倒なことするの?」と思うかもしれませんね。
理由はハードディスクさんの労働組合から文句が出ないようにするためです。

もちろん冗談ですよ。

例えばRAID4でハードディスクが3台の構成があったとします。
「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータ……長ったらしいので「冗長コード」と呼びますね。
冗長コード保存用のハードディスクはハードディスク3だと仮定します。

さて、データ1を5分割してハードディスクに保存しました。

データ1-1→「ハードディスク1」へ保存
データ1-1の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存
データ1-2→「ハードディスク2」へ保存
データ1-2の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存
データ1-3→「ハードディスク1」へ保存
データ1-3の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存
データ1-4→「ハードディスク2」へ保存
データ1-4の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存
データ1-5→「ハードディスク1」へ保存
データ1-5の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存

どうでしょう?
ハードディスク3だけ働き過ぎだと思いませんか?
ハードディスク1は3回お仕事、ハードディスク2は2回お仕事に対して、ハードディスク3は5回もお仕事しています。
私がハードディスク3だったら絶対ふてくされますね。

RAID5-2

仮にふてくされないとしても、ハードディスク3だけ大変なのでハードディスク3のお仕事が終わるのを待つ時間が増えそうです。
またハードディスク3だけ疲労困憊で、すぐ壊れちゃうかもしれません。

そんな不安を解消したのがRAID5です。
RAID5では持ち回りで皆が平等に忙しくなるのです。

先程同様RAID5の構成にデータ1を5分割して保存してみましょう。
例えば

データ1-1→「ハードディスク1」へ保存
データ1-1の冗長コード→ハードディスク2」へ保存
データ1-2→「ハードディスク3」へ保存
データ1-2の冗長コード→「ハードディスク1」へ保存
データ1-3→「ハードディスク2」へ保存
データ1-3の冗長コード→「ハードディスク3」へ保存
データ1-4→「ハードディスク1」へ保存
データ1-4の冗長コード→「ハードディスク2」へ保存
データ1-5→「ハードディスク3」へ保存
データ1-5の冗長コード→「ハードディスク1」へ保存

のような結果になります。
お仕事回数はハードディスク1が4回、ハードディスク2が3回、ハードディスク3が3回です。
ほぼ平等ですね。

RAID5-3

このように、RAID4では偏っていた負荷を分散するように改良されたのがRAID5です。
処理速度を速くしたい!でもデータが無くならないようにしたい!ついでに容量もいっぱい使いたい!RAIDのメリットが全部欲しい!と欲張った結果、行き着いた形です。

現在の主流は、性能重視ならRAID0、安全性重視ならRAID1、バランス重視ならRAID5(もしくはRAID6)ってな感じですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID5」って単語が出てきたら「RAID4をもちっと負荷分散したRAIDのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク