[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID3

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointRAID2を改良してお手軽にしたやり方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID3とは

RAIDのやり方の一つで、RAID2だと大変過ぎたからさ~チェック用のデータはもうちょっと楽なやり方で管理しようぜ~、なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID」というのは「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。

このRAIDのやり方にはいくつか種類があります。
そしてその中で「RAID2を改良してみたから」なやり方が「RAID3」です。
とは言え、実際のところ、あまり使われていないようですけどね。

そんな可哀想なRAID3の特徴ですが、RAID2との比較で書いていきます。
RAID2がよく分からん」な人はそちらから勉強してくださいね。
「え~、いちいち勉強するの面倒くさいよ~」な人のために一言で言ってしまえば「『データをガッツリ守るぜ!』と必要以上に気合入りまくりなRAIDのやり方」がRIAD2です。

それでは比較します。

まずRAID2では「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータは「ハミングコード」と呼ばれるやり方でしたが、RAID3では「パリティ」と呼ばれるやり方です。
「パリティ」は「ハミングコード」に比べて「ちょっとだけ手抜きするけどその分簡単だから」なやり方なので、その分処理速度は速くなります。

またRAID2では最低5台のハードディスクが必要でしたが、RAID3では3台で大丈夫です。
RAID2では「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを保存するのに3台使いましたが、RAID3では1台しか使わないんですってさ。

小難しい言い方をすると「RAID2の冗長コードをハミングコードからパリティに変えて、冗長コード保存に使うハードディスクを3台から1台にした」のがRAID3です。

RAID3

要するにRAID3はRAID2が庶民向けになったイメージですね。

「データをガッツリ守るぜ!」と気合が入ってるのは良いんだけどさ~。
もう少しお財布に優しくならない?

の要望に応えて登場したのかもしれません。

とは言え、RAID3と似たような感じでもう少しバランスのよい「RAID5」というのが世の中には存在します。
そのためRAID3が使われることはあまり無いのです。多分。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID3」って単語が出てきたら「RAID2をもちっとバランスよくしたRAIDのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク