[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID2

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

point基本的にはRAID0と同じだよ

pointチェック用のデータを一緒に保存するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID2とは

RAIDのやり方の一つで、データ本体とそのデータがおかしなことになっても復旧できるようなチェック用のデータを保存することでちょっとやそっとの出来事じゃーデータがなくならないけど凄いお金もかかるし何かいろいろ大変だから実際にはほとんど使われていないよ、なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID」というのは「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。

このRAIDのやり方にはいくつか種類があります。
そしてその中で「データをガッツリ守ろうとしたら何かいろいろ大変になっちゃった、てへぺろ」なやり方が「RAID2」です。
実際のところ、あまり使われていないようです。

そんな可哀想なRAID2の特徴をずらずらっと書いていきますね。

まずRAID2では、RAID0同様、データを複数のハードディスクに分割して保存します。
ただしRAID0では「ブロック単位」と呼ばれる単位でデータを分割するのに対し、RAID2ではbit単位、もしくはByte単位でデータを分割します。
よく分からなければRAID0ではデータを千切りにするけどRAID2ではみじん切りにするとお考えください。

次にRAID2では、データ本体と「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータの2種類を保存します。
「データがおかしくなっても何とかするぜ」は小難しく言うと「誤り検出訂正」ね。文字通り間違ってるところを見つけて直すことを指します。
RAID2では、データ本体と一緒に、この「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータも作成して保存しておくのです。
ちなみに「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータの仕組みにもいろいろな種類があるのですが、RAID2では「ハミングコード」と呼ばれるやり方が採用されていますよ。

最後に、RAID2では最低5台のハードディスクが必要になります。
RAID0では最低2台のハードディスクで済みましたが、RAID2では最低5台必要なのです。贅沢な奴ですね。
データ本体を保存するのに2台、「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを保存するのに3台必要なんですってさ。

RAID2

ここまでの説明でRAID2がなんなのかさっぱり分からない方は、頑張って「RAID0」を理解してください。
ここは気合です。RAID0は気合で理解してください。
ぶっちゃけRAID2よりRAID0の方が登場頻度は圧倒的に高いですからね。がんばれ~。

……RAID0を理解しましたか?理解しましたね?

それでは……かなり乱暴ですが、RAID0で保存するデータをもっと細かく分割するようにして、更にそれぞれのデータに対して誤り検出用のデータを生成するようにして、更にその誤り検出用のデータは専用のハードディスクに保存するような形をイメージしてください。

それがRAID2です。
本当はちょっと間違っているかもしれませんが、大体そんな雰囲気ですよ。

RAID2のメリットはデータの安全性ですね。
「データをガッツリ守るぜ!」と気合が入っています。

一方デメリットは速度とお金です。
「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを作るのが結構大変なので処理速度が落ちます。
そしてハードディスク2台分のデータを保存するのにハードディスク5台を使うので、お金が掛かって仕方ありません。

ついでに言うと、RAID2と似たような感じでもう少しバランスのよい「RAID5」というのが世の中には存在します。
そのためRAID2が使われることはあまり無いのです。多分。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID2」って単語が出てきたら「データをガッツリ守ろうとしたら負担が結構大変なことになっちゃったRAIDのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク