[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID2

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

point基本的にはRAID0と同じだよ

pointチェック用のデータを一緒に保存するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID2とは

複数のハードディスクを組み合わせて1台のハードディスクっぽくする技(RAID)のやり方のひとつ
であり

「データ本体とそのデータがおかしなことになっても復旧できるようなチェック用のデータを保存することで、ちょっとやそっとの出来事ではデータがなくならないけど、凄いお金もかかるし何かいろいろ大変だから実際にはほとんど使われていないよ」なやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「RAID」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

RAID(レイド)は「複数のハードディスクHDD)を合体させて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。
詳細は用語「RAID」の説明を、ご覧ください。

RAID2

RAIDのやり方は1つでは、ありません。
ハードディスクの組み合わせ方によって、いくつかの種類があります。
一口に「RAID」と言っても、いろいろあるのです。

以上を踏まえて、いろいろあるRAIDのやり方のひとつで「データをガッツリ守ろうとしたら何かいろいろ大変になっちゃった」なやり方が「RAID2」です。
実際のところ、RAID2は、あまり使われていないようです。

そんな可哀想なRAID2の特徴を、ずらずらっと書いていきますね。

まずRAID2では、データを複数のハードディスクに分割して保存します。
RAID0」と呼ばれるやり方と同じです。

RAID22

ただし、RAID0では「ブロック単位」と呼ばれる単位でデータを分割するのに対し、RAID2ではbit単位、もしくはByte単位でデータを分割します。
よく分からなければ、RAID0ではデータを千切りにするけどRAID2ではみじん切りにすると捉えてください。
RAID2の方がデータを細かく分割します。

次に、RAID2では

1.データ本体
2.「データ本体がおかしくなっても何とかするぜ」なデータ


の2種類を保存します。
データ本体だけではなく「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータも作成して保存しておくのがポイントです。

最後に、RAID2では最低5台のハードディスクが必要です。
RAID0では最低2台のハードディスクで済みますが、RAID2では最低5台必要なのです。
贅沢なやつですね。

内訳は、データ本体を保存するのに2台使います。
「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを保存するのに3台使います。

RAID23

これがRAID2の特徴です。

RAID2のメリットはデータの安全性です。
「データをガッツリ守るぜ!」と気合が入っています。

一方のデメリットは速度とお金です。
「データがおかしくなっても何とかするぜ」なデータを作るのが大変なので処理速度が落ちます。
ハードディスク2台分のデータを保存するのにハードディスク5台を使うので、お金がかかって仕方ありません。

ついでに、RAID2と似たような感じで、もう少しバランスのよい「RAID5」と呼ばれているやり方が世の中には存在します。
そのため、RAID2は、あまり登場しなかったりします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID2」って単語が出てきたら「データをガッツリ守ろうとしたら負担が結構大変なことになっちゃったRAIDのやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク