[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID0+1

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointRAID0したものをRAID1するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID0+1とは

RAIDのやり方の一つで、まずRAID0で処理速度を上げて、更にRAID1で信頼性も上げちゃうぜ!なやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

RAID」というのは「複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。

RAID0」は「RAIDのやり方の一つで、それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むやり方」です。実際には1つのデータを細切れにしたものですが、並行作業で書き込むので処理が速くなります。

RAID1」は「RAIDのやり方の一つで、それぞれのハードディスクに同じ内容を書き込むやり方」です。同じ内容を複数のハードディスクに書くので、どちらかのハードディスクがぶっ壊れてももう片方があるから大丈夫な気分になれます。

「このRAID0とRAID1の良いとこ取りをしちゃおうぜ!」と考えた人が生み出したのが「RAID0+1」というやり方です。まずRAID0(データを細切れにして分けて保存)したものをRAID1(同じ内容をコピー)します。

ちょっとややこしいので具体例を挙げて見ていきますね。

あるところに「ハードディスクA」「ハードディスクB」「ハードディスクC」「ハードディスクD」の4つのハードディスクがありました。
ハードディスクAとハードディスクB、ハードディスクCとハードディスクDはそれぞれRAID0(データを細切れにして分けて保存)になっています。
つまり「ハードディスクAB」(実際にはハードディスクA+ハードディスクB)と「ハードディスクCD」(実際にはハードディスクC+ハードディスクD)があるイメージです。

この「ハードディスクAB」と「ハードディスクCD」をRAID1(同じ内容をコピー)にしたのが「RAID0+1」です。
「ハードディスクAB」と「ハードディスクCD」には同じ内容が書き込まれます。

さてさて、この構成になっているハードディスクA~Dにデータを保存してみましょう。
データ1を「ハードディスクAB」に保存すると「ハードディスクCD」にも同じ内容が記録されますね。

そして「ハードディスクAB」は実際には「ハードディスクA」と「ハードディスクB」です。
「ハードディスクAB」に保存される「データ1」は切り分けられ、「データ1-1」「データ1-2」「データ1-3」「データ1-4」になって「ハードディスクA」と「ハードディスクB」に保存されました。
その結果

ハードディスクA:データ1-1、データ1-3
ハードディスクB:データ1-2、データ1-4


のような状態になったとします。

「ハードディスクCD」についても同じことが言えます。
「ハードディスクCD」に保存される「データ1」は切り分けられ、「データ1-1」「データ1-2」「データ1-3」「データ1-4」になって「ハードディスクC」と「ハードディスクD」に保存されました。
その結果

ハードディスクC:データ1-1、データ1-3
ハードディスクD:データ1-2、データ1-4


のような状態になりました。

全体で見ると

■ハードディスクAB
 ハードディスクA:データ1-1、データ1-3
 ハードディスクB:データ1-2、データ1-4

■ハードディスクCD(ハードディスクABのコピー)
 ハードディスクC:データ1-1、データ1-3
 ハードディスクD:データ1-2、データ1-4


の状態ですね。

RAID0+1

これが「RAID0+1」です。
ややこしいですね。

更にややこしいことに「RAID1したものをRAID0する」やり方の「RAID1+0」というのもあるのです。
「RAID0+1」と「RAID1+0」は似て非なるものなのでご注意くださいね。
「RAID1+0」の詳細はここでは説明しませんが、先の例に当てはめると

■ハードディスクABCD
 ■ハードディスクAC
  ハードディスクA:データ1-1、データ1-3
  ハードディスクC:データ1-1、データ1-3(ハードディスクAのコピー)
 ■ハードディスクBD
  ハードディスクB:データ1-2、データ1-4
  ハードディスクD:データ1-2、データ1-4(ハードディスクBのコピー)


のような状態になります。

RAID1+0

それぞれのハードディスクに注目してしまうと分かりにくいかもしれませんが、全然違いますよね。
一般的には「RAID0+1」より「RAID1+0」の方がぶっ壊れにくいと言われています。

「RAID0+1」の場合「ハードディスクAB」と「ハードディスクCD」があるイメージです。
「ハードディスクAB」と「ハードディスクCD」の両方が壊れたらデータが無くなります。
「ハードディスクAB」は「ハードディスクA+ハードディスクB」です。
「ハードディスクA」か「ハードディスクB」が壊れたら「ハードディスクAB」は故障です。
同じように「ハードディスクC」か「ハードディスクD」が壊れたら「ハードディスクCD」は故障ですね。

つまり「RAID0+1」の場合、データが無くなるパターンは

・ハードディスクAとハードディスクCが壊れる
・ハードディスクAとハードディスクDが壊れる
・ハードディスクBとハードディスクCが壊れる
・ハードディスクBとハードディスクDが壊れる


の4パターンあるのです。

一方「RAID1+0」の場合はどうでしょう?

こちらは「ハードディスクAC」と「ハードディスクBD」がRAID0(データを細切れにして分けて保存)になった「ハードディスクABCD」があるイメージです。
「ハードディスクABCD」が壊れるとデータが無くなります。
「ハードディスクABCD」が壊れる条件は「ハードディスクAC」か「ハードディスクBD」のどちらかが壊れた場合です。

さて、それでは「ハードディスクAC」が壊れる場合とはどんな場合でしょう?

「ハードディスクAC」はRAID1(同じ内容をコピー)になっているので「ハードディスクA」と「ハードディスクC」の両方が壊れた場合です。
「ハードディスクA」か「ハードディスクC」の片方が壊れた場合は残りの奴が頑張ってくれますので「ハードディスクAC」としては壊れていません。
頑張って動き続けます。
同様に「ハードディスクBD」が故障扱いになるのは「ハードディスクB」と「ハードディスクD」の両方が壊れた場合です。

つまり「RAID1+0」の場合、データが無くなるパターンは

・ハードディスクAとハードディスクCが壊れる
・ハードディスクBとハードディスクDが壊れる


の2パターンしかないのですね。

これが「RAID0+1」より「RAID1+0」が信頼性が高いと言われる理由です。

ちょっとばっかしややこしい説明なので、よく分からなかったらごめんなさい。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID0+1」って単語が出てきたら「RAID0したものをRAID1するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク