[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID1

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointそれぞれのハードディスクに同じ内容を書き込むよ

point大事なデータが、なくならない(なくなりにくい)ようにするのが目的だよ

pointバックアップの代わりには、ならないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID1とは

複数のハードディスクを組み合わせて1台のハードディスクっぽくする技(RAID)のやり方のひとつ
であり

それぞれのハードディスクに同じ内容を書き込むやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「RAID」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

RAIDは「複数のハードディスクHDD)を合体させて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。
詳細は用語「RAID」の説明を、ご覧ください。

RAID1

RAIDのやり方は1つでは、ありません。
ハードディスクの組み合わせ方によって、いくつかの種類があります。
一口に「RAID」と言っても、いろいろあるのです。

以上を踏まえて、いろいろあるRAIDのやり方のひとつで、それぞれのハードディスクに同じ内容を書き込むやり方が「RAID1」です。
RAID0では複数のハードディスクに同じデータを書き込みます。

RAID2

RAID1にするメリットは信頼性です。
同じ内容のデータが2つ以上保存されています。
片方のデータがぶっ壊れても、もう片方のデータが残っています。
安心です。
2人の人に同じ作業の内容を説明しておけば、片方が風邪を引いて寝込んでも何とかなるのと同じ理屈です。

一方のデメリットは、お金……もとい、容量です。
それぞれのハードディスクに同じ内容を書き込みますからね。
単純に考えて、保存できるデータの量は普通に2台のハードディスクとして使うときの半分です。
ちょっと、もったいないですね。

なお、性能面については、よく分かりません。
良くはなりませんが、そこまで悪くもならないと思います。
同じ内容を複数回書くので、1回しか書かないときよりも手間は増えます。

とはいえ、同時に書き込むので、そこまで遅くはならないでしょうし、読み取るときは2台からいっぺんに読めるので、逆に少し早くなるはずです。
「少しは遅くなるけど気にするほどじゃないよ」くらいの印象ですかね。

ここまでの説明が、よく分からない人は、2冊のノートに1から10までの数字を書くシーンを想像してみてください。
実際にできるかどうかは別にして、左手で1冊目のノートに、右手で2冊目のノートに同じ内容を同時に書くのがRAID1です。

RAID3

2冊のノートに同じ内容を書けば、同じ内容が書かれたノートが2冊できあがります。
もし1冊を失くしても問題ありません。
2冊目を見れば、書いた内容は分かります。
信頼性はノートが1冊のときよりも高くなります。

一方、ノートに書ける量は2冊使って1冊のときと同じです。
ノートが1冊のときと比べて、同じ量を書くのに2倍のノート代がかかります。

そんなイメージです。

ちなみに、RAID1にしていてもバックアップは必要です。
「えっ?だって同じ内容が2つあるんでしょ?どっちかがバックアップってことで良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、違うのです。

RAID1が保存しているデータは、あくまで「その瞬間」のデータです。
「その瞬間」のデータを2台に同時に書き込んでいます。

つまり、過去のデータは残っていません。

間違って大事なファイルを消してしまったとしましょう。
ファイルを消した時点で、2台のハードディスクから同時に消えます。
どこにも残りません。

RAID1は「ハードウェア的な故障でデータがなくなっちゃっても、もう1台に同じ内容が書いてあるから大丈夫だぜ、へへん♪」な備えです。
「間違って大事なファイルを消しちゃったけど、昨日のバックアップがあるから何とかなるぜ、ふふん♪」な備え用のバックアップは別途必要です。
ご注意ください。

あと、RAID1は「ミラーリング」とも呼ばれます。
気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID1」って単語が出てきたら「それぞれのハードディスクに同じ内容を記録するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク