[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RAID0

pointこの用語のポイント

point複数のハードディスクをまとめて1つのハードディスクっぽく扱う技術だよ

pointそれぞれのハードディスクに別の内容を書き込むよ

point処理を速くするのが目的だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RAID0とは

複数のハードディスクを組み合わせて1台のハードディスクっぽくする技(RAID)のやり方のひとつ
であり

それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「RAID」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

RAIDは「複数のハードディスクHDD)を合体させて1つのハードディスクっぽく扱う技術」です。
「なんちゃって1つのハードディスク(でも実際には複数のハードディスク)」ですね。
詳細は用語「RAID」の説明を、ご覧ください。

RAID0

RAIDのやり方は1つでは、ありません。
ハードディスクの組み合わせ方によって、いくつかの種類があります。
一口に「RAID」と言っても、いろいろあるのです。

以上を踏まえて、いろいろあるRAIDのやり方のひとつで、それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むやり方が「RAID0」です。
RAID0では複数のハードディスクに別のデータを同時に書き込みます。

RAID02

まぁ「別のデータ」といっても1つのデータを細切れにしたものですけどね。
合体ロボットの頭の部分をハードディスク1に、胴体の部分をハードディスク2に入れるイメージです。

RAID0にするメリットは、読み書きの処理速度が向上することです。
データを保存するのは並行作業です。
データを読み込むのも並行作業です。
スーパーでお買い物をしたときに、レジが1台しか開いていないよりも2台開いている方が並ぶ時間が少なくて済みますよね。
それと同じ理屈です。

一方のデメリットは信頼性です。
それぞれのハードディスクに別の内容を書き込むので、バックアップがありません。
複数のハードディスクのうち、どれか1つでも壊れたら、データはパーになります。
データの安全性は、普通に1台のハードディスクを使うときと変わりません。

そのため、RAID0は「もう少しデータの読み書きが早くならんかね?」と思ったときに導入を検討するやり方です。

ここまでの説明が、よく分からない人は、2冊のノートに1から10までの数字を書くシーンを想像してみてください。
実際にできるかどうかは別にして、左手で偶数を1冊目のノートに、右手で奇数を2冊目のノートに同時に書くのがRAID0です。

RAID03

2冊のノートに同時に数字を書けば、1冊のノートに順番に書くより速く書き終わります。
処理速度は、ノートが1冊しかないときよりも速くなります。

ただし、ノートは2冊でワンセットです。
1冊でも失くしたら、1から10までの数字は揃いません。
信頼性はノートが1冊のときと同じです。

そんなイメージです。

なお、RAID0は「ストライピング」とも呼ばれます。
気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RAID0」って単語が出てきたら「それぞれのハードディスクに別の内容を記録するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク