[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

JavaScript

pointこの用語のポイント

point簡易的なプログラミング言語だよ

pointホームページに動きをつけるときに使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

JavaScriptとは

プログラミング言語である「Java」の偽物(嘘)。
本当は

ホームページに動きをつけるときに使われる(簡易的な)プログラミング言語
です。

image piyo

詳しく書くよ

ホームページを見ていると

・急に画面がうねうね動き出す
・メニューがピロピロっと出てくる
・ボタンを押すと画像が違うのに変わる


などに遭遇することがありますよね。

このようなホームページを動かす仕組みはいくつかあります。
そのいくつかある仕組みの一つが「JavaScript」です。

まずはホームページのファイル構成を理解してください。
2016年3月現在の流行では

・内容が書いてあるファイル
・見た目が書いてあるファイル
・絵が描いてあるファイル
・動作が書いてあるファイル


の4種類のファイルを組み合わせて、1つのページを表示するのが主流です。

JavaScript

内容が書いてあるファイルは、一般的に「HTMLファイル」と呼ばれています。

JavaScript2

HTMLファイルは、内容を書いておくファイルです。
ページの核となるファイルですね。

見た目が書いてあるファイルは「CSSファイル」と呼ばれています。

JavaScript3

CSSファイルは、見た目に関するルールを書くファイルです。
例えば

・ホームページの横幅はどれくらいにしよう
・この目印を付けた文字の色は何色にしよう
・この目印を付けた範囲に背景を付けよう


などのルールを書いておきます。

絵が描いてあるファイルは、いわゆる「画像ファイル」です。

JavaScript4

画像ファイルは説明しなくても分かりますよね?

最後に、動作が書いてあるファイルが「JavaScriptファイルjsファイル)」です。

JavaScript5

JavaScriptファイル(jsファイル)は「動作」を定義するファイルです。
例えば

・ページを表示するときに、こんな動きをしてよ
・他のページに移動するときに、こんな動きをしてよ
・このボタンを押したら、こんな動きをしてよ


などの指示を書いておきます。

これら4種類のファイル

・HTMLファイル(内容)
・CSSファイル(見た目)
・画像ファイル(絵)
・JavaScriptファイル(動作)


が組み合わさることによって、ホームページの中の1ページが形作られています。

JavaScript6

それを踏まえて、この4種類のファイルのうち、JavaScriptファイルの中身を書くときに使うプログラミング言語が「JavaScript」です。

JavaScript7

JavaScriptは「スクリプト言語」と呼ばれる類のプログラミング言語です。
スクリプト言語が分からない人は、ちょっと間違った説明ですが「書くのが簡単なプログラミング言語」と解釈してください。
書いて動かすまでの手間が、普通のプログラミング言語に比べて少なくて済みます。

個人的な印象ですが、JavaScriptさんは存在が軽んじられる傾向にあります。

JavaScriptは、ホームページの動作を定義するプログラミング言語です。
ところがどっこい、Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)の設定で、JavaScriptで定義した動作を無効化できてしまいます。
せっかく「こんな風に動いてよ!」と指定したのに「いやいや、動かなくいいから」と解除できるのです。

理由は人ぞれぞれですが、JavaScriptはイタズラや嫌がらせにも使える技術です。
それを警戒して、JavaScriptを無効にしてホームページを見る人もいます。

そのため「用意したはいいけど、動かしてもらえない」状況になることがあるのです。
その結果「無効化されるかもしれないし、できるだけ使わないようにしよう」と判断されることもあります。

また技術者の間では、一般的に「JavaScriptができる=プログラミングができる」とは、あまり認められていません。
JavaScriptしかできないのに「プログラミングができます」と言ってしまうと「何言ってんだ?こいつ」な目で見られる恐れがあります。

理由はよく分かりませんが、技術者の間では、HTMLCSS、JavaScriptは「(仮にやったことがなくても)やればできるっしょ」な技術に分類されていることが多いのです。
実際、私自身もJavaScriptを体系だって勉強したことはありません。
でも普通に使えます。

それらの理由から、JavaScriptは意外と不憫な人生を送っています。

逆に言えば、初心者でもとっつきやすいってことですけどね。
プログラミング経験のない人が雰囲気を味わう目的で触ってみる上では、敷居が低い技術だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「JavaScript」って単語が出てきたら「ホームページに動きをつける用のプログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク