[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ビッグエンディアン (big endian)

pointこの用語のポイント

pointデータの並び順だよ

point最初から並べるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ビッグエンディアン (big endian)とは

データをバイト単位で配置する際のやり方のひとつ
であり

「最初」のバイトからデータを並べるやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

エンディアンは「データバイト単位で見たときの並べ方」ね。

例えば、4バイトのデータ「00000001 00000010 00000100 00001000」があったとしましょう。

このデータを(例えばメモリ上に)並べて置く際には

1つめ:00000001(1バイト目)
2つめ:00000010(2バイト目)
3つめ:00000100(3バイト目)
4つめ:00001000(4バイト目)


のように最初から並べて置く方法と

1つめ:00001000(4バイト目)
2つめ:00000100(3バイト目)
3つめ:00000010(2バイト目)
4つめ:00000001(1バイト目)


のように最後から並べて置く方法があるのです。

ビッグエンディアン

この2つのやり方のうち「最初から並べる」方法が「ビッグエンディアン」です。
ビッグエンディアンは人間様が見たときに直感的に分かりやすい並べ方です。

ビッグエンディアン2

ちなみに「最後から並べる」やり方は「リトルエンディアン」と言います。
リトルエンディアンはコンピュータさんから見て処理しやすい並べ方です。

ビッグエンディアン3

せっかくなので併せて覚えてあげてください。

ビッグエンディアン:最初のやつから並べる
リトルエンディアン:最後のやつから並べる


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ビッグエンディアン」って単語が出てきたら「最初のバイトから並べていくんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク