[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

dir【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

pointファイルやディレクトリの一覧を表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

dir【コマンド】とは

ファイルやディレクトリの一覧を表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)及びWindows系で使えます。

書き方は

dir [パスファイル名] [オプション]

です。
オプションは結構いろいろあります。

■UNIX系

オプション説明
-a全部表示する
-bよく分からん
-c最終更新日時(ctime)で並び替える
-d今いるディレクトリについて表示する
-f並べ替えをしない
-g「-l」とほぼ同じだが所有者情報を表示しない
-h詳細情報のファイルサイズとかの単位を見やすくする
-iなんかよく分からん数字(ノード番号)も表示する
-kキロバイト単位で表示する
-l詳細情報を表示する
-m結果をカンマ区切りで表示する
-n所有者とグループを数字で表示する
-o「-l」とほぼ同じだがグループ情報を表示しない
-pディレクトリの最後に「/」をつけて表示する
-q表示できない文字がある場合は「?」に変換して表示する
-r並び替え順を逆にする
-sブロック単位のファイルサイズを表示するらしい
-t変更日時で並び替える
-u最終アクセス日時で並び替える
-vバージョンで並び替える?
-wよく分からん
-x横(一番端まで来たら次の行)に並べる
-A「./」と「../」以外全部表示する
-Bよく分からん
-C縦(一番下まで来たら次の列)に並べる
-Dよく分からん
-Fファイルの種類を表示する
 何もなし:普通のファイル
 *:実行ファイル
 /:ディレクトリ
 @:シンボリックリンク
 |:よく分からん
 =:ソケット
-G「-l」や「-g」と組み合わせて使う?詳細情報にグループ情報を表示しない
-Hシンボリックリンクに関する何か
-Iパターンに一致したものを対象から除外する
-Lシンボリックリンクの場合はリンク先のファイル情報を表示する
-Nよく分からん
-Qファイル名をダブルクォーテーションで囲んで表示する
-R一覧内にディレクトリがある場合はその中身も再帰的に表示する
-Sファイルサイズの大きい順に並び替える
-Tよく分からん
-Uよく分からん
-X拡張子で並び替える
-1表示内容を縦に(1行1ファイル)で並べて表示する

■Windows系
オプション説明
/A指定した属性のファイルを表示する
 →「/A:D」:ディレクトリを表示する
 →「/A:R」:読み取り専用のファイルを表示する
 →「/A:H」:隠しファイルを表示する
 →「/A:A」:アーカイブ属性のファイルを表示する
 →「/A:S」:システムファイルを表示する
 →「/A:I」:非インデックス対象ファイルを表示する
 →「/A:L」:再解析ポイントとやらを表示する
 →「/A:-D」:ディレクトリ「以外」を表示する
 →「/A:-R」:読み取り専用のファイル「以外」を表示する
 →「/A:-H」:隠しファイル「以外」を表示する
 →「/A:-A」:アーカイブ属性のファイル「以外」を表示する
 →「/A:-S」:システムファイル「以外」を表示する
 →「/A:-I」:非インデックス対象ファイル「以外」を表示する
 →「/A:-L」:再解析ポイントとやら「以外」を表示する
/Bファイル名だけ表示する
/Cファイルサイズを桁区切りして表示する(「1,000」とか)
/-Cファイルサイズを桁区切りしないで表示する(「1000」とか)
/Dワイド一覧形式とやらで表示する。ファイルは横(一番端まで来たら次の行)に並べる
/L小文字で表示する
/Nよく分からん
/O指定した順序で並び替えて表示する
 →「/O:N」:名前順で並べて表示する
 →「/O:S」:サイズ順に小さい方からで並べて表示する
 →「/O:E」:拡張子順で並べて表示する
 →「/O:D」:日時順に古い方から並べて表示する
 →「/O:G」:ディレクトリ→ファイルの順で並べて表示する
 →「/O:-N」:名前順で逆順に並べて表示する
 →「/O:-S」:サイズ順に大きい方からで並べて表示する
 →「/O:-E」:拡張子順で逆順に並べて表示する
 →「/O:-D」:日時順に新しい方から並べて表示する
 →「/O:-G」:ファイル→ディレクトリの順で並べて表示する
/P一画面ごとに停止する
/Qファイルの所有者を表示する
/Rよく分からん
/Sサブディレクトリ内も再帰的に表示する
/T表示する日時、並べ替えに使用する日時を指定する
 →「/T:C」:作成日時
 →「/T:A」:最終アクセス日時
 →「/T:W」:最終更新日時
/Wワイド一覧形式とやらで表示する。ファイルは縦(一番下まで来たら次の列)に並べる
/Xよく分からん
/4年を4桁表示する

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「dir」コマンドコマンドライン上からファイル(ディレクトリ)一覧を確認する際に使います。

オプションがいっぱいあって覚えるのが大変そうですが、心配はいりません。

対象を指定しないで単に

dir

と打てば大抵の場合は事足ります。

またUNIX系でファイルの一覧を確認したい場合は「ls」コマンドを使う方が一般的です。
UNIX系で「dir」コマンドを使うのはシェルスクリプトの中がほとんどですかね。
カンマ区切りにしたりダブルクォーテーションで囲ったりできるので、ファイル一覧をCSVファイルにしたい場合は重宝します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「dir」ってコマンドが出てきたら「ファイルやディレクトリの一覧を表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク