[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インクリメントサーチ (incremental search)

pointこの用語のポイント

point検索方式だよ

point文字を入力する毎に検索結果が絞り込まれていくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インクリメントサーチ (incremental search)とは

せっかち検索のこと。
もう少し真面目に書くと

文字を入力していく毎に検索結果が絞り込まれていく検索方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

文字を1文字入力するごとに、そこまでに入力された内容をキーワードにして即座に検索してくれる検索のやり方が「インクリメントサーチ」です。

例えば、ピヨ太君が「あ」と入力したとしましょう。

インクリメントサーチ

その瞬間に「あ」をキーワードにして検索が行われます。
そして、検索結果が表示されます。

インクリメントサーチ2

表示されるのは、例えば以下のような結果です。

いうえお
かさたな
ほちゃうか
いしてる
いほん
いしんぐまっさーじ


ピヨ太君は次に「い」と入力しました。
併せて「あい」が入力されている状態です。

インクリメントサーチ3

その瞬間に「あい」をキーワードにして検索が行われます。
そして、検索結果が表示されます。

インクリメントサーチ4

表示されるのは、例えば以下の結果です。

あいうえお
あいしてる
あいほん
あいしんぐまっさーじ


ピヨ太君は次に「し」と入力しました。
併せて「あいし」が入力されている状態です。

インクリメントサーチ5

その瞬間に「あいし」をキーワードにして検索が行われます。
そして、検索結果が表示されます。

インクリメントサーチ6

表示されるのは、例えば以下の結果です。

あいしてる
あいしんぐまっさーじ


このように、キーワードを1文字入力するごとに即座に検索が行われる検索のやり方がインクリメントサーチです。

インクリメントサーチは、リアルタイムで検索結果が分かります。
せっかちな人からしたら、ありがたい検索方式でしょう。

その反面、リアルタイムで検索するので負荷が掛かります。
つまり、重くなりやすいのです。
コンピュータの性能がしょぼい場合は、逆にストレスが溜まることになります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インクリメントサーチ」って単語が出てきたら「『入力中でも検索しちゃうよ』方式な検索なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク