[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デバイスドライバ (device driver)

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointデバイスを動かすために必要だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デバイスドライバ (device driver)とは

コンピュータにガショーン!ってくっついたデバイスさんを動かすために必要なソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「デバイス」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

デバイスは「コンピュータにくっつける部品(機器)」です。
デバイスと呼ばれる物はいろいろありますが、例えば

CPU
ハードディスク
キーボード
モニタ
マウス


などがデバイスです。

デバイスドライバ

デバイスは、ただコンピュータにくっつけただけでは動きません。
デバイスを動かすためには専用のソフトが必要です。

この「デバイスを動かすために必要な専用のソフト」が「デバイスドライバ」です。

よく分かりませんか?
それではピヨ太君に登場していただいて説明しましょう。

ここにピヨ太君がいました。

デバイスドライバ2

ピヨ太君は手が2本しかないことに不便を感じ、そこら辺から拾ってきた木の枝を2つくっつけて4本にしました。
そうです。
ピヨ太君は木の枝を手の代わりに使うことにしたのです。
拾ってきた木の枝(腕)はセロテープでくっつけてあります。

デバイスドライバ3

しかし残念でした。
セロテープでくっつけた2本の腕(元・木の枝)はピヨ太君の意志通りに……どころか、まったく、これっぽっちも動きません。
おーまいがっ!

デバイスドライバ4

ん?
当たり前ですか?
当たり前ですね。

木の枝は取りあえずくっつけただけです。
ピヨ太君の身体は新しい腕(元・木の枝)をピヨ太君の腕として認識していません。
これを本当の意味でピヨ太君の腕にするには、神経をつなぐかグ○メ細胞の力を借りる必要があるでしょう。

コンピュータの世界も同じです。

ただ単に物理的にくっつけただけでは動きません。
コンピュータさんが「あぁ、こいつがくっついたんだな。これからは俺の一部として動くんだな」と理解して、初めて動作します。
そのためのソフト、「こいつはおまえの一部だから。好きに使ってちょ」とコンピュータさんに教えてあげるソフトが「デバイスドライバ」です。

デバイスドライバ5

ここまでの説明を読んで「えっ?わざわざデバイスドライバとやらを入れなくても普通に使えているよ?」と思う人もいるでしょう。
それは、よく使いそうなデバイスドライバが最初からコンピュータに入っているからです。

デバイスドライバは「無くても使える」では、ありません。
無くても使えるように見える場合は「既に(最初から)入っている」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デバイスドライバ」って単語が出てきたら「デバイスを動かすために必要なソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク