[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トラックボール (trackball)

pointこの用語のポイント

pointマウスっぽい役割をする奴だよ

pointぐりぐり動かすとマウスカーソルが動く球がくっついてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トラックボール (trackball)とは

ぐりぐり動かすとマウスカーソルが動く球がくっついている、マウスっぽい機器のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

マウス代わりの機器です。
動かないマウスにボールがくっついていて、そのボールをグリグリ動かすとマウスカーソルが動く機器を「トラックボール」と言います。

トラックボール

マウスはマウス自体を動かさないとマウスカーソルが動かないので、狭い場所では操作するのが大変です。
下が軟らかい場所だったりデコボコしていても動かすのは大変ですね。
そしてえっちらおっちら動かすので肩や手首に負担が掛かります。
トラックボールは機器自体を動かさないで使うので、狭い場所でも快適に使えますし腱鞘炎の人でも大丈夫です。
あとはボールをゴロゴロ~と転がしてマウスカーソルを慣性で動かせるので、使いはじめはちょっと感動します。

それがトラックボールのメリット(--)b

一方で、慣れないと操作しづらかったり、マウスよりはこまめなお掃除が必要だったり、使っている人が多くないので製品の種類が少ない、といったデメリットもあります。

個人的には「こんなに便利なのになんで普及しないんだろ?」と思いますけどね。
単純に見かける機会が少ないからでしょうか?

どちらかと言えば、コンピュータ関係に詳しいこだわり派な人が使っているイメージがあります。
そんなマウス代わりの機器が「トラックボール」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トラックボール」って単語が出てきたら「ボールをぐりぐりするマウスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク