[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

終了コード

pointこの用語のポイント

point数字とか文字だよ

pointプログラムの処理結果を示すよ

point「戻り値」の一種だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

終了コードとは

プログラムの処理結果を示す数字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

リターンコード」とも呼ばれます。
いわゆる「戻り値」の一種ですね。
「上手くいったよ~」「ごめん、失敗した~」等のプログラムさんからのお返事を「終了コード」と言います。

終了コード

終了「コード」と呼ばれるくらいなので一般的には数字です。
慣例的には「処理がちゃんと終わったよ~」の場合は「0」、「ごめん、失敗したわ」なときは「0以外」が返ってくることが多いです。
とは言え、絶対の決まりがある訳ではないですけどね。

そのプログラムを呼び出した人(やプログラム)は終了コードを見ることで「上手くいったか~、じゃあ次の処理やろっと♪」「げっ、失敗したのかよ。じゃあもう一回やり直しだな」等の判断ができます。
プログラムさんからの「簡単な作業報告」くらいのイメージですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「終了コード」って単語が出てきたら「プログラムの処理結果なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク