[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターフェイス (interface)

pointこの用語のポイント

point2つのモノのくっついているところだよ

point結構ざっくりしたニュアンスで使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターフェイス (interface)とは

何かと何かのくっついている部分のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ちょいと小難しく言うと「接点」や「境界面」ですかね。
2つのモノのくっついている部分を「インターフェイス」と言います。

「インターフェイス」は割と幅広い意味で使われる言葉です。
コンピュータの世界で「接点」「接続口」「境界面」などがイメージできるところは大抵「インターフェイス」と呼ばれますよ。

インターフェイス

例えば「ユーザインターフェイス」という言葉がありますが、これは「画面や使い勝手」のことです。

「ん?どこら辺がくっついている部分なの?」と疑問に感じるかもしれませんね。

画面や使い勝手はコンピュータさんと人間様のコミュニケーション部分です。
コンピュータさんが画面に映したものを人間様が見る。
人間様があれやこれやしたのがコンピュータさんに伝わる。
見ようによっては「コンピュータさんと人間様の接点」ですよね?

だから「ユーザ(とコンピュータさんの)インターフェイス」なのです。

そんな感じで、割とゆるい解釈の元にいろんなところで使われている言葉です。
定義を厳密に追いかけると混乱しちゃうのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターフェイス」って単語が出てきたら「2つのモノのくっついているところなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク