[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

desktop.ini

pointこの用語のポイント

point勝手に作られるファイルだよ

pointフォルダに関する追加情報が保存されているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

desktop.iniとは

フォルダに関する追加情報が保存されているファイルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

フォルダをカスタマイズしたときに、その情報が保存されるファイルが「desktop.ini」です。
隠しファイルシステムファイルなので、Windowsさんが使うカンペだと思ってください。

desktop.ini

desktop.iniは、例えばフォルダのアイコンを変えた場合等に作成されます。

適当にフォルダを作って、そのフォルダのアイコンを変えてみてください。
システムファイルも表示するようにしていた場合、フォルダの中にdesktop.iniが作成されるはずです。
この状態で、作成されたdesktop.iniを削除すると、変更したはずのアイコンが元に戻ります。
あなたが変更した「どのアイコンを使いますよ~」な情報が削除されちゃいましたからね。

実際のdesktop.iniの中身は、例えば以下のようになっています。

[.ShellClassInfo]
IconResource=C:\Windows\system32\SHELL32.dll,4
[LocalizedFileNames]
Windows Explorer.lnk=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-22067
[ViewState]
Mode=
Vid=
FolderType=Generic


なんか小難しそうなことが、ごちゃごちゃ書いてありますね。
でも書かれているのは、ただのフォルダに関する設定情報です。

例えば

IconResource=C:\Windows\system32\SHELL32.dll,4

の部分を見てください。
この部分は「このフォルダにはどのアイコンを使いますよ~」な指定です。
「『C:\Windows\system32\SHELL32.dll』の中にある『4』番のアイコンを使います~」と書かれています。
この記述を消しちゃうと、せっかく変更したフォルダの見た目が変更前の状態に戻ってしまいますよ。

あるいは

[LocalizedFileNames]
Windows Explorer.lnk=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-22067


を見てみましょうか。

「LocalizedFileNames」は「このファイルの表示名はこれだ~!」な指定です。

Windows Explorer.lnk=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-22067

の部分は

「Windows Explorer.lnk」っていうファイルの表示名は「@%SystemRoot%\system32\shell32.dll」の中にある「-22067」番の名前を使います~

と書かれています。
実際の名称を当てはめて、もうちょっと噛み砕くと

Windows Explorer.lnk(エクスプローラへのショートカット)を「エクスプローラー」って名前で表示してくださ~い

になります。

たまにdesktop.iniを削除して良いか迷う人がいるようですが、Windows XP以降であれば、削除してもそこまで大きな影響は無いと思います。
せいぜいフォルダの見た目がおかしくなるくらいでしょう。
ただし、よく分からない人、必要か否かの判断ができない人は残しておいた方が無難です。
設定で非表示にもできますので、邪魔であれば見えなくするのも一つの手だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「desktop.ini」って単語が出てきたら「フォルダのカスタマイズ情報が入っているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク