[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

O2O

pointこの用語のポイント

pointマーケティング手法だよ

pointインターネット上であれこれしたのを現実世界へつなげるよ

point電子クーポンとかが代表例だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

O2Oとは

貞子さんのように画面から出てくること。(嘘)
真面目に書くと

ネット上であれやこれやすることによって、実際に買いに行きたくなるように頑張ること
です。

image piyo

詳しく書くよ

Online to Offline(オンライン・トゥー・オフライン)」の略で「O2O」です。
主にお買い物関係で使われる言葉で、ネットの世界で何かやったのを現実の世界へつなげることを言います。

O2O

O2Oの例としてよく挙がるのが電子クーポンですね。
ホームページ上からクーポンを印刷してお店に持っていくと割引されたりするアレです。

ホームページ上(オンライン)で仕掛けを打つことによって、実際のお店(オフライン)にお客さまを呼び込むことができました。
このようなマーケティング手法を「O2O」と言います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「O2O」って単語が出てきたら「ネット上であれやこれやしたのを現実世界へつなげることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク