[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アドレス (address)

pointこの用語のポイント

pointメモリ内の場所に割り振られている番号だよ

point「メールアドレス」「IPアドレス」「MACアドレス」のような「○○アドレス」の省略表現だよ

point「URL」の言い換えだよ

point多分、他にもいろいろあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アドレス (address)とは

メモリ内のそれぞれの場所に割り振られている番号のこと。
あるいは

メールアドレスやIPアドレス、MACアドレスのような「○○アドレス」の省略表現。
あるいは

「URL」のこと
です。
他にも、いろいろあるとは思いますけどね。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

まずは、メモリの話で登場する「アドレス」について、説明します。

メモリは「パソコンさんが作業するときに使う机」ね。
パソコンさんは、お仕事道具をメモリの上に広げて、えっちらおっちらと働きます。

アドレス

パソコンさんが使う机(メモリ)は、上から見るとマス目で区切られています。
そして、それぞれのマス目には、使いやすいように番号が振られています。

アドレス2

この「マス目に振られた番号」が「アドレス」です。

アドレス3

例えば、13番のマス目にミカンを置いたとしましょう。

アドレス4

この状況を指して

13番アドレスにミカンを置いた

と表現したりします。

これがメモリの話におけるアドレスです。
机のマス目に振った番号ね。

次に「○○アドレス」の省略表現としての「アドレス」です。

コンピュータの世界には「○○アドレス」な用語がたくさんあります。
例えば「メールアドレス」です。
IPアドレス」も有名ですね。
MACアドレス」という用語もあります。
他にも、いろいろあるでしょう。

これらの「○○アドレス」を省略した表現が「アドレス」です。
具体的に何を意味するかはケース・バイ・ケースです。

アドレス5

個人的には

本命:メールアドレス
対抗:IPアドレス
大穴:MACアドレス


と推測しますけどね。
最終的には、前後の文脈から判断してください。

最後に「URL」を意図した「アドレス」について、説明します。

URLは「ホームページの住所」です。
ページがどこにあるかを示しています。
例えば、あなたが今見ているこのページのURLは

http://wa3.i-3-i.info/word11361.html

です。

この「URL」を意図して「アドレス」と表現することがあります。

「面白いホームページを見つけたよ~」「マジで?アドレスを教えてよ!」のような会話で登場します。

「アドレス」と言われて私が思い浮かぶのは、そんなところでしょうか。
他にも、いろいろあるとは思いますけどね。
何か思いついたら、追記します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アドレス」って単語が出てきたら「メモリのマス目に振られた番号のことか、○○アドレスの省略表現か、URLのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク