[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CMYK

pointこの用語のポイント

point色の表現方法だよ

pointシアン、イエロー、マゼンダ、ブラックの組み合わせで表現するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CMYKとは

色の表現方法のひとつ
であり

「シアン、イエロー、マゼンダ、ブラックの組み合わせで色を表現しますよ」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「シアンのインクをこれくらい混ぜて~、マゼンダのインクをこれくらい混ぜて~、イエローのインクをこれくらい混ぜて~、黒のインクをちょちょいのちょいと加えると、この色になります!」の形で色を表現するのが「CMYK(シーエムワイケー)」です。

Cyan(シアン)
Magenta(マゼンダ)
Yellow(イエロー)


のそれぞれの頭文字と

・blacK(ブラック)

のお尻を取って「CMYK」です。
「black」が「B」でないのは「blue」と紛らわしいからでしょう。

CMYK

CMYKは、異なった色のインク等を重ねて(光を遮って)新たな色を作ることから「減法混色」とも呼ばれます。

シアン・マゼンダ・イエローは「色の三原色」と呼ばれる色たちです。
こいつらの混ざる量によって、できあがる色が変わります。

何もない最初の状態が白です。
それにシアン・マゼンダ・イエローを乗せることで様々な色に変わります。
さらに色を混ぜ続けると、最終的には黒になります。
絵の具のイメージです。

印刷物の色の指定等は基本的にCMYK形式で行います。
ほら、絵具を混ぜ合わせて色を作るイメージですからね。
CMYKは、紙媒体用の色指定です。
勘の良い人は気づくと思いますが、プリンタのインクの種類も基本的にはCMYKです。

ちなみに、色の表現方法には赤、青、緑の割合で色を表現する「RGB加法混色)」というのもあります。
こちらは

・赤:Red(レッド)
・緑:Green(グリーン)
・青:Blue(ブルー)


の頭文字を取って「RGB」です。

CMYK2

赤、青、緑の色の組み合わせは「光の三原色」と呼ばれています。
こいつらの強さや重なる割合によって、できあがる色が変わります。
RGBは、ライトの光を当てて色を作るイメージです。

RGBは、異なった色の光を重ねて新たな色を作ることから「加法混色」とも呼ばれます。

何もない最初の状態が黒です。
それに赤、青、緑の光を当てることで様々な色に変わります。
さらに光を当て続けると、最終的には白になります。
ライトのイメージです。

モニタ上で見る物の色指定はRGBの方が向いています。
モニタはピカっと光を当てて色を表現していますからね。
例えばホームページ関連の色指定はRGBで行います。

せっかくなので、CMYKとRGBはセットで覚えてあげてください。

CMYK:シアン・マゼンダ・イエロー・ブラックで表現、減法混色、絵の具のイメージ
RGB:赤・青・緑で表現、加法混色、ライトのイメージ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CMYK」って単語が出てきたら「シアン、マゼンダ、イエロー・ブラックの割合で色を表現することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク