[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コールドスペア (cold spare)

pointこの用語のポイント

point壊れたときのための備えだよ

point二重化しておくよ

point予備の方がお仕事を始めるためには、いろいろと準備が必要だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コールドスペア (cold spare)とは

「コールドスタンバイ」のこと。
つまり

システムや機械を双子状態にして、どっちかが壊れても大丈夫な状態にしておくこと。ただし弟の方は普段はパジャマ姿で寝ている
です。

image piyo

詳しく書くよ

コールドスタンバイ」は「システムや機械を双子状態にして、どっちかが壊れても大丈夫な状態にしておくこと。ただし弟の方は普段はパジャマ姿で寝ている」ね。
特徴は「すぐ動けない」です。
お兄ちゃんがお仕事をしているとき、弟は寝ています。
お兄ちゃんがぶっ壊れた際には弟がメインのお仕事を肩代わりしてその間にお兄ちゃんを直すことになりますが、まずは寝ている弟を起こさなくてはなりません。
そのため何か不具合が起きてから復旧までにタイムラグが生じます。
一方で普段弟は動いていないので維持コストが安いってなメリットもありますけどね。

この「コールドスタンバイ」の別名が「コールドスペア」です。

コールドスペア

実は「コールドスペア」という言葉を、私は実際の現場で耳にしたことがありません。
「コールドスタンバイ」はありますけどね。
そのため使用される頻度はあまく多くない言葉なのだと思います。

せいぜい「ホットスペア」と対比させるときくらいじゃないですかね?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コールドスペア」って単語が出てきたら「コールドスタンバイのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク