[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ホットスワップ (hot swap)

pointこの用語のポイント

point電源を入れたまま交換できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ホットスワップ (hot swap)とは

「コンピュータの電源を入れたまま交換しても大丈夫だよ~」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

日本語では「活線挿抜」「活性挿抜」などと呼ばれるらしいです。
どこの御留流の奥義だい?

コンピュータさんにくっついている周辺機器やなんだってのを交換する際に、電源を入れたままやっちゃっても大丈夫なのを「ホットスワップ」と言います。

ホットスワップ

「交換する」ということは古いものを外して新しいものをくっつけるわけですよね。
つまり「電源を入れたまま機器を抜き差しできる」ということなので「ホットプラグ」と同じ意味で使われることもあるそうです。
「ホットプラグ」は「電源を入れたまま抜き差しできるよ~」のことね。

ホットスワップの技術は「止まるとマズいんだけど」なサーバさん等でよく使われます。
マラソン選手が走りながら栄養補給するのに近いイメージですかね。
動かしながらメンテナンスができるわけです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ホットスワップ」って単語が出てきたら「電源を入れたまま交換できるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク