[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

column【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointテキストデータを表形式にするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

column【コマンド】とは

テキストデータを表形式に整形するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は

column [オプション] [入力ファイル]

です。
オプションはちょぼちょぼとあります。

オプション説明
-c【数字】表の幅を【数字】文字にする。1つの項目では無くて表全体の幅なので注意
-s【文字】「-t」オプションを使う際の区切り文字を指定する
-t区切り文字を基準にカラムを判定して表を作る
-x行と列を入れ替える。未指定時は「1列目表示→埋まったら2列目」と縦に表示していくが「-x」指定時は「1行目表示→埋まったら2行目」と横に表示していく

ですね。

「column」コマンドコマンドライン上からテキストデータを表形式に整形する際に使います。
基本的な使い方は単純です。
例えば、中身が

1
2
3
4
5


テキストファイル「hoge.txt」があったとして、

column -c 20 hoge.txt

を実行すると、結果は

1       4
2       5
3


になります。
縦に3行分出力された後、横にズレて2列目に残りが出力されていますね。

「-t」オプションがちょっと分かりにくいのですが、テキストデータのカラム構成を自動判定して表形式にしてくれるオプションです。
例えば、中身が

a b c
d e f
g h i
j k l
m n o


のテキストデータ「hoge2.txt」があったとして

column -c 20 hoge2.txt

を実行すると、結果は

a b c   j k l
d e f   m n o
g h i


になります。
これは「a b c」「d e f」「g h i」「j k l」「m n o」をそれぞれ1つのまとまりと判断しているからです。

「a b c」   「j k l」
「d e f」   「m n o」
「g h i」


と解釈されています。

一方「-t」オプションをつけて

column -c 20 -t hoge2.txt

を実行すると、結果は

a  b  c
d  e  f
g  h  i
j  k  l
m  n  o


になります。
これはそれぞれの行に対して

1行目:「a」「b」「c」のデータがある
2行目:「d」「e」「f」のデータがある
3行目:「g」「h」「i」のデータがある
4行目:「j」「k」「l」のデータがある
5行目:「m」「n」「o」のデータがある


と自動的に判断してくれているからです。
こちらは

「「a」  「b」  「c」」
「「d」  「e」  「f」」
「「g」  「h」  「i」」
「「j」  「k」  「l」」
「「m」  「n」  「o」」


と解釈されています。

テキストデータを見たまま表にしたいときは「-t」を指定すれば良いのだと思います。

そんな感じ(--)ノ

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「column」ってコマンドが出てきたら「テキストデータを表形式にしたいときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク