[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

arp【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

pointARPテーブルを表示・設定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

arp【コマンド】とは

ARPテーブルを表示・設定するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

ARPは「IPアドレスからMACアドレスを調べる仕組み」ね。
つまりIPアドレスとMACアドレスの対応を確認したり編集したりするためのコマンドが「arp」コマンドです。

「arp」コマンドはUNIX系(LinuxとかMacとか)及びWindows系で使えます。

書き方は

arp [オプション]

です。
オプションはあれやこれやとあります。

■UNIX系

オプション説明
-v詳細情報も表示する
-nホストポートユーザ名を数字で表示する?よく分からん
-H 【種別】ARPキャッシュを読み書きするとき、どのクラスを対象にするか指定する?よくわからん
-aARPテーブルの内容を表示する
-a 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を表示する
-d 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を削除する
-Dインターフェイス「ifa」のハードウェアアドレスを使う?なにそれ。多分「どのインターフェイスに関連する情報をあれこれするの?」という意味だと思うけどよく分からん
-eLinuxの初期スタイルで表示するらしい。見た目を整える感じ?
-iインターフェイスを選択するらしい。よく分からん
-s 【IPアドレス】 【MACアドレス】IPアドレスとMACアドレスの対応を追加する
-f【ファイル名】設定する情報をファイルから読み込む。ファイルの内容を使って「-s」オプションを一括で実行するイメージ

■Windows系
オプション説明
-aARPテーブルの内容を表示する
-a 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を表示する
-g「-a」オプションと同じ
-v詳細モードで表示する。無効になっている奴の情報とかも表示するのだそーな
-N 【インターフェイス】指定されたネットワークインターフェイスのARPエントリを表示するらしい。そのインターフェイスに関係する情報だけ表示されるってことかな(--?
-d 【IPアドレス】指定したIPアドレスの情報を削除する
-s 【IPアドレス】 【MACアドレス】IPアドレスとMACアドレスの対応を追加する

ですね。

「arp」コマンドはコマンドライン上からARPテーブルの内容を確認・編集する際に使います。
ぶっちゃけよく分からないオプションもあったりするのですが

arp -s 【IPアドレス】 【MACアドレス】

が追加で

arp -d 【IPアドレス】

が削除で

arp -a

が表示ということを覚えておけば、最低限使うことはできます。
あとは余裕がでてきたら、自分がよく使うものから順に徐々に覚えていけば良いと思いますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「arp」ってコマンドが出てきたら「ARPテーブルをあれこれするときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク