[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

多段プロキシ

pointこの用語のポイント

point複数のプロキシを経由するよ

point身元がバレにくくなるよ

pointホームページの表示が遅くなるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

多段プロキシとは

伝言ゲームでホームページにアクセスすること。
もう少し真面目に書くと

複数のプロキシを経由してホームページとかにアクセスするやり方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロキシは「Webブラウザさんの身代わりになってホームページアクセスしてくれるサーバさん」です。
詳細は用語「プロキシ」の解説をご覧ください。

多段プロキシ

このプロキシさんを複数経由してホームページを見るやり方が「多段プロキシ」です。
複数のプロキシを経由するので身元はバレにくくなりますが、その分ホームページの表示も遅くなります。

多段プロキシ2

……と、いきなり言われても分かりませんよね。

大丈夫です。
順番に見ていきましょう。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフト(Webブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」とお願いが出されます。

多段プロキシ3

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

多段プロキシ4

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取ったページを画面上に表示します。

多段プロキシ5

これが普通にホームページを見るときの流れです。

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「このページおくれ」→Webサーバ
2.Webブラウザ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ


となります。

多段プロキシ6

次に、プロキシさんが混ざる場合の流れを見てみましょう。

プロキシさんは「Webブラウザさんの身代わり」です。
Webブラウザさんは、まず、プロキシサーバさん(=プロキシ)に対して「あのページを貰ってきておくれ」というお願いを出します。

多段プロキシ7

次に、プロキシサーバさんがWebブラウザさんの代わりに「このページをおくれ」なお願いをWebサーバさんにします。

多段プロキシ8

お願いを受け取ったWebサーバさんは、プロキシサーバさんに対して「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

多段プロキシ9

Webサーバさんからお返事を受け取ったプロキシサーバさんは、Webブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

多段プロキシ10

プロキシサーバさんからお返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取ったページを画面上に表示します。

多段プロキシ11

これがプロキシさんが混ざった場合の流れです。

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」→プロキシサーバ
2.プロキシサーバ→「このページおくれ」→Webサーバ
3.プロキシサーバ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ
4.Webブラウザ←「ほれ、貰ってきたページだよ」←プロキシサーバ


になります。

多段プロキシ12

「ページをおくれ」とお願いする側を「クライアント」と呼びます。
「ほれ、そのページだよ」とお返事をする側を「サーバ」と呼びます。
「Webブラウザ+プロキシサーバ」で1つのクライアントなイメージです。
よく分からなければ、Webブラウザのパシリが普通のプロキシだと考えてください。

多段プロキシ13

さぁ、いよいよ本題です。
多段プロキシの場合を見てみましょう。

ちなみに多段プロキシの説明ではプロキシサーバさんが2台(以上)出てきます。
今回は「ピヨ太プロキシ」「ピヨ子プロキシ」の2台があることにして話を進めますね。

多段プロキシ14

それでは多段プロキシの流れを説明します。

Webブラウザさんは、まず、ピヨ太プロキシに対して「あのページを貰ってきておくれ」というお願いを出します。

多段プロキシ15

次に、ピヨ太プロキシがピヨ子プロキシに対して「あのページを貰ってきておくれ」というお願いを出します。

多段プロキシ16

最後にピヨ子プロキシが「このページをおくれ」なお願いをWebサーバさんに出します。

多段プロキシ17

お願いを受け取ったWebサーバさんは、ピヨ子プロキシに対して「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

多段プロキシ18

Webサーバさんからお返事を受け取ったピヨ子プロキシは、ピヨ太プロキシに「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

多段プロキシ19

ピヨ子プロキシからお返事を受け取ったピヨ太プロキシは、Webブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事を出します。

多段プロキシ20

ピヨ太プロキシからお返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取ったページを画面上に表示します。

多段プロキシ21

これが多段プロキシの流れです。

ホームページが表示されるまでの流れは

1.Webブラウザ→「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」→ピヨ太プロキシ
2.ピヨ太プロキシ→「俺の代わりにこのページ貰ってきておくれ」→ピヨ子プロキシ
3.ピヨ子プロキシ→「このページおくれ」→Webサーバ
4.ピヨ子プロキシ←「ほれ、そのページだよ」←Webサーバ
5.ピヨ太プロキシ←「ほれ、貰ってきたページだよ」←ピヨ子プロキシ
6.Webブラウザ←「ほれ、貰ってきたページだよ」←ピヨ太プロキシ


になります。

多段プロキシ22

普通のプロキシの場合は「Webブラウザ+プロキシサーバ」で1つのクライアントでした。
多段プロキシの場合は「Webブラウザ+複数のプロキシサーバ」で1つのクライアントになるイメージです。

多段プロキシ23

多段プロキシにするメリットは身元がバレにくくなることです。
逆にデメリットはホームページの表示が遅くなることでしょうか。

伝言ゲームで考えると分かりやすいと思います。

伝言ゲームでは間を経由する人が多くなればなるほど、最初の発信者が誰かは分かりにくくなります。
その代わり、最後の相手に伝わるまでにかかる時間は長くなるはずです。

多段プロキシ24

多段プロキシも同じです。
多くのプロキシサーバを経由するほど、あなたの身元はバレにくくなるでしょう。
その代わり、やり取り(ホームページの表示)にかかる時間は長くなります。

多段プロキシ25

注意点として、身元が「バレにくくなる」です。
「バレない」では、ありません。

伝言ゲームだって、地道に「それ誰に聞いたの?」と辿っていけば最終的には最初の発信者に辿りつきますよね。
それと同じです。

また、一般的には多段プロキシにするとホームページの表示は遅くなります。

本来のプロキシを使うメリットには「場合によってはホームページの表示が速くなる」があります。
回線のあーだこーだや「キャッシュ」と呼ばれる仕組みを使うことによって「おぉ!プロキシを使わないよりサクサク表示されるぞ!」になる場合があるのです。

多段プロキシもプロキシです。
理想的なプロキシサーバを経由すればホームページの表示が速くなるかもしれません。

……が、一般的には遅くなります。

伝言ゲームであれば、説明が上手くて理解力が高い人が間に入ることで、もしかしたら最初の発信者が直接説明するより早く伝わるかもしれませんよね。
ですが、普通に考えれば経由する人が増えるほど伝わるのは遅くなります。
それと同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「多段プロキシ」って単語が出てきたら「複数のプロキシを経由するんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク