[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インデント (indent)

pointこの用語のポイント

point字下げだよ

point行の先頭に空白とかタブを入れるよ

point文章を見やすくするのが目的だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インデント (indent)とは

行の先頭に空白とかタブを入れて、文章を見やすくすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

いわゆる「字下げ」のことですね。
文章やプログラムをパッと見で分かりやすくするのが目的です。

インデント

例えば、以下のようなプログラムがあったとします。

a = 5;
b = 1;
while(a > b){
if(hoge == "a"){
print "A";
if(hoge2 == "b"){
print "B";
}else{
print "C";
}
}
}


何がなんだか分かりませんね(-A-)
インデントすると以下のようになります。

a = 5;
b = 1;
while(a > b){
    if(hoge == "a"){
        print "A";
        if(hoge2 == "b"){
            print "B";
        }else{
            print "C";
        }
    }
}


見やすくなりましたね。
「a > b」の間ループするのにaの値もbの値も変わっていないので無限ループすることが分かりました。

このように見やすくする目的で行う字下げが「インデント」です。

プログラミングにおけるインデントは基本的に半角スペースタブを使います。
一段階インデントするときは「タブ1つ(に相当する半角スペース)」を入れるのが一般的ですね。

ただし、1つのタブが半角スペース何個分に相当するかはその人の気分次第です。
一般的には1つのタブが半角スペース2個分の「2タブ」、4個分の「4タブ」、8個分の「8タブ」のどれかになります。

経験則的にはHTMLを主に扱うWebデザイナーさんは2タブ、プログラムを主に扱うプログラマさんは4タブを1段階のインデントとしている人が多いような気がしますが、決まりはありません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インデント」って単語が出てきたら「『字下げ』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク