[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンフリクト (conflict)

pointこの用語のポイント

point複数のプログラムが同じデータを利用しようとしてるよ

point「俺が使うんだ~」「い~や、私が使うのよ~」になってるよ

point「競合」のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンフリクト (conflict)とは

ビーチフラッグ状態のこと。
もう少し真面目に書くと

複数のプログラムが同じデータとかファイルを利用しようとして「俺が使うんだ~」「い~や、私が使うのよ~」になっている状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

同じ物を使おうとしちゃっているのが「コンフリクト」です。
日本語で「競合」と言われる場合もあります。

コンフリクト

例えばぴよぴよカンパニーには第一会議室と第二会議室があるとします。
マコトさんは第一会議室でお客さまを迎えて打ち合わせを始めました。
ササキさんは第二会議室でお客さまを迎えて打ち合わせを始めました。

おっと、お客さまにお飲み物を出すのを忘れていました。
マコトさんは「少々お待ちください」とお伝えして給湯室へ走ります。

おっと、お客さまにお飲み物を出すのを忘れていました。
ササキさんも「少々お待ちください」とお伝えして給湯室へ走ります。

給湯室の前でマコトさんとササキさんはバッタリご対面。
見えない火花が散ります。

マコトさんは言いました。
「今会議中でさ~。至急コーヒーを持って行かないといけないのよ。っつー訳で先を譲れ」

ササキさんも負けてはいません。
「俺も今会議中でさ~。至急アイスカフェラテを持って行かないといけないのよ。っつー訳で先を譲れ」

給湯室は狭くて一度に一人しか使えません。
お互い譲りません。

結果、二人のお客さまはいつまでも待たされ、コーヒーもアイスカフェラテも出来あがることはないのでした。

このような状態が「コンフリクト」です。

実際のプログラムの話で言えば、プログラム1がメモリAを使おうとしました、プログラム2もメモリAを使おうとしました、のような状況です。
被っちゃっている状態ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンフリクト」って単語が出てきたら「同じ物を使おうとしちゃっているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク