[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

POP before SMTP

pointこの用語のポイント

pointメール送信時の認証方式だよ

pointメールを受け取れる人だけ送れるよ方式だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

POP before SMTPとは

メールを送るときの認証のやり方のひとつ
であり

「メールを受け取れる人だけ送っていーよ」なやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識からいきましょう。
先に「メール」「サーバ」「メールサーバ」「SMTPサーバ」「POPサーバ」について簡単に説明しておきます。

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

POP before SMTP

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

POP before SMTP2

メールに関するお仕事をしているサーバは「メールサーバ」と言います。
あなたの書いたメールを送ったり、あなた宛てのメールを保管しておいてくれたりするサーバです。

POP before SMTP3

メールサーバは

1.メールを送るときに使うサーバ
2.メールを受け取るときに使うサーバ


の2種類あります。
この2つのメールサーバのうち

1.メールを送るときに使うサーバ

を「SMTPサーバ」と言います。

POP before SMTP4

もう一方の

2.メールを受け取るときに使うサーバ

は「POPサーバ」です。

POP before SMTP5

以上を踏まえて「SMTPサーバさんにお世話になる前にPOPサーバさんに挨拶して来いや!」な認証のやり方が「POP before SMTP」です。
言い換えると「メールを送る前にメールの受信操作をしなさい」な認証のやり方です。

POP before SMTP6

昔は、ですね。
メールを送るときは誰でも送れたのです。

SMTPサーバさんに「このメールを送ってー」とお願いすれば、メールを出す人がどこの誰でもSMTPサーバさんはメールを配達してくれました。

ですが、それでは問題がありました。
身元をさらす必要がないので、迷惑メールとかもガンガン送られちゃったのです。

これではマズいですよね?
時代の変化と共に「やっぱりさ~。俺たちもセキュリティをしっかりした方が良いんじゃないかな?」とSMTPサーバさんたちは考えました。

ですが、今まで来るもの拒まずでやってきたのです。
改めて認証の仕組みを作るのは面倒くさいです。
「あー、なんか今あるものでサクっと何とかならないかなー」と考えました。

その結果として生まれたのが「POP before SMTP」です。
先ほども書きましたが「メールを送る前にメールの受信操作をしなさい」認証です。

POP before SMTP7

これは「メールを受け取れるってことは悪い人じゃないよね?」な考え方から生まれた仕組みです。

もともと、メールを受信するには認証が必要でした。
その認証に、ただ乗りしちゃったのです。

メールの受信操作をするときには認証があります。
その認証を抜けたということは「この人はメールを受信していい人だよ」と身元が保証されたことになります。

メールを受信していい人なら悪い人ではないでしょう。
よし!メールを送らせてあげよう。

SMTPサーバさんは「おっ、おまえはPOPサーバ君にダチだって認められてんのか。それじゃあ俺等もダチだな」と判断します。

ポイントは

1.メールを送るときには認証がない
2.メールを受け取るときには認証がある
3.「2」の認証結果をメールを送るときも使う


です。

SMTPサーバさんには相変わらず認証の仕組みはありません。
ただし

メール受信(認証あり)→メール送信(認証なし)

の手順を踏ませることで、結果として、認証を通らないとメールが送れない理屈です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「POP before SMTP」って単語が出てきたら「メールを受けとれる人だけ送っていーよ!な仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク