[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CxO

pointこの用語のポイント

point肩書だよ

point「CEO」とか「COO」とかをまとめた表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CxOとは

「CEO」とか「CFO」とか「COO」とか「CTO」とかとか「CIO」のこと。
つまり

アメリカンな感じの横文字の肩書
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
IT業界には横文字の肩書が大好きな人もいます。
気が向いたら覚えてあげてください。

例えば

CEO:最高経営責任者
COO:最高執行責任者
CFO:最高財務責任者
CIO:最高情報責任者
CTO:最高技術責任者


といった横文字の肩書を一言でまとめた表現が「CxO(シーエックスオー)」です。
「x」は未知数を表す「x」ですね。
Chief X Officer(チーフ・ほげ・オフィサー)」の略で「CxO」です。

CxO

日本では、その会社で一番偉い人が「横文字の方がなんかカッコ良さそうだな~」と考えると導入される肩書き制度です。

実際のところ、日本においては「CEOが一番偉い人で、その他の役職は、たいして意味なし」の場合も少なくありません。
特にワンマン経営の場合は、誰が何を言ってもCEOの鶴の一声で決まりますからね。

とはいえ、仮にも責任者や役員を名乗っているわけです。
「その部門のトップだよ。攻め処だよ」と親切に教えてくれています。
役職の区別がついた方が営業上は有利だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CxO」って単語が出てきたら「『C○O』な横文字の肩書なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク