[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

COO

pointこの用語のポイント

point肩書だよ

point経営戦略の実行に対する責任を一番負っている人だよ

point夢物語を実現する責任者だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

COOとは

横文字な肩書のひとつ
であり

会社において経営戦略の実行に対する責任を一番負っている人が名乗る肩書
です。
もう少し、ざっくり書くと

会社で決まったことの実行に対して責任を負わされる中間管理職が名乗る肩書
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語というわけでもないですけどね。
IT業界には横文字の肩書が大好きな人もいます。
ひょっこり名刺に書かれていたりするので、一応覚えておいた方が良いと思います。

一言で言えば「夢物語を実現するのが仕事の人」を表す肩書きが「COO(シーオーオー)」です。
日本語では「最高執行責任者」と訳されます。
Chief Operating Officer(チーフ・オペレーティング・オフィサー)」もしくは「Chief Operations Officer(チーフ・オペレーションズ・オフィサー)」の略で「COO」です。

COO

COOは実務に対して大きな権限を持ちます。
それと同時に大きな責任を負います。
偉い人たちが考えた夢物語を何とか形にするのがお仕事です。

日本における「COO」という役職は、その会社で一番偉い人が「横文字の方がなんかカッコ良さそうだな~」と思って「CEO(会社で一番偉い人が名乗る肩書)」を名乗りたい場合に設定されることが多いはずです。

日本的な役職名で言えば、専務とか営業部長とか、そこら辺の立ち位置ですかね。
COOは、会社のトップが言った「こんなことをやりたい!」に対して「承知しました!実行します!」と返事をする立場の人です。

……というのが、真面目な説明です。
以下は日本における横文字肩書のぶっちゃけ話です。

まず、会社で一番偉い人は「CEO」を名乗ります。
これは、どこの会社でも同じです。

次に、お金関係の責任者は「CFO」を名乗ります。
経理部長とか、そこら辺の役職の人ですね。
これも、ほとんどの会社で同じはずです。

あとの役職は、会社によって、やることや立ち位置が異なります。
すべて

実務担当のそれなりに偉い人

と覚えてください。
それで困ることは少ないと思います。

例えば「CTO」という肩書があります。
日本語では「最高技術責任者」と訳されます。
技術関係の最高責任者が名乗る肩書です。

CIO」という肩書もあります。
日本語では「最高情報責任者」と訳されます。
コンピュータ関係の最高責任者が名乗る肩書です。

並べると

COO:実務関係の責任者
CTO:技術関係の責任者
CIO:コンピュータ関係の責任者


です。

さて、ここで問題です。

システム開発でご飯を食べている会社において、技術開発部のトップはCOOでしょうか?
それともCTOでしょうか?
あるいはCIOでしょうか?

答えは

どれを名乗っても、おかしくはない

です。

システム開発会社においてはシステム開発をすることが事業です。
技術開発部のトップは事業(実務)の責任者と言えます。
COOです。

システム開発会社における技術の核はシステム開発の技術です。
技術開発部のトップは技術関係の責任者と言えます。
CTOです。

システム開発会社における技術は、すべてコンピュータ関係です。
技術開発部のトップはコンピュータ関係の責任者です。
CIOとも言えるでしょう。

別に、どれでも良さそうですよね?

基本的にCEO以外の役職の中身は会社次第です。
その役職で何をやっているのか気になった人は、その役職の相手に直接聞いてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「COO」って単語が出てきたら「夢物語を実現する責任者なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク