[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

COO

pointこの用語のポイント

point肩書だよ

point経営戦略の実行に対する責任を一番負っている人だよ

point夢物語を実現する責任者だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

COOとは

会社において経営戦略の実行に対する責任を一番負っている人のこと。
もっとざっくり言ってしまえば

会社で決まったことの実行に対して責任を負わされる中間管理職のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Chief Operating Officer(チーフ・オペレーティング・オフィサー)」もしくは「Chief Operations Officer(チーフ・オペレーションズ・オフィサー)」の略で「COO」です。
日本語では「最高執行責任者」と訳されます。

別にIT用語ではありませんが、何故かこの業界、横文字の肩書を付けるのが好きらしくてですね。
結構な頻度で名刺に登場するので一応覚えておいた方が良いと思います。

名刺を見ると肩書に「CEO」「COO」「CFO」「CIO」などと書かれていて、思わず「それで一番偉いのは誰?」と訊きたくなってしまいますよ。
大人なのでぐっと我慢しますけどね。

COOは実務に対する大きな権限を持ち、それと同時に大きな責任を負います。
偉い人たちが考えた夢物語を何とか形にするのがお仕事ですかね。

COO

日本における「COO」という役職は、その会社で一番偉い人が「横文字の方がなんかカッコ良さそうだな~」と思って「CEO」を名乗りたい場合に設定されることが多いです。
日本的な役職名で言えば、専務とか営業部長とかそこら辺ですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「COO」って単語が出てきたら「夢物語を実現する責任者なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク