[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CEO

pointこの用語のポイント

point肩書だよ

point経営に対する責任を一番負っている人だよ

point会社で一番偉い人だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CEOとは

会社において経営に対する責任を一番負っている人のこと。
もっとざっくり言ってしまえば

会社で一番偉い人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Chief Executive Officer(チーフ・エグゼキューティブ・オフィサー)」の略で「CEO」です。
日本語では「最高経営責任者」と訳されます。

別にIT用語ではありませんが、何故かこの業界、横文字の肩書を付けるのが好きらしくてですね。
結構な頻度で名刺に登場するので一応覚えておいた方が良いと思います。

名刺を見ると肩書に「CEO」「COO」「CFO」「CIO」などと書かれていて、思わず「それで一番偉いのは誰?」と訊きたくなってしまいますよ。
大人なのでぐっと我慢しますけどね。

CEOは経営に対する大きな権限を持ち、それと同時に大きな責任を負います。
経営戦略を考えたりするのがお仕事ですかね。

CEO

よく「CEO」と「代表取締役」、「社長」の違いが話題になりますが、そもそもが別ものです。
それぞれの定義は

CEO:経営が失敗したときに一番怒られる人。経営に対する最高責任者。
代表取締役:「俺の意見が会社の意見だ!」って宣言して怒られない人。会社の代表。
社長:「専務」より偉くて「会長」より偉くない人。ただの肩書。

ってな感じでしょうか。

「代表取締役」はその名の通り、代表権のある取締役です。
別に一人じゃなくても良いので「代表取締役会長」「代表取締役社長」「代表取締役専務」などがいたりもします。
「代表取締役」がどんな人か(これはやって良いよ、これやって駄目だよ)は確か法律で決められていますよ。

「CEO」と「社長」はただの自己申告の肩書です。慣習はありますが、決まりはありません。
「社長」は一番偉い人……と思わせておいて、上にもっと偉い「会長」がいる会社もあります。
「CEO」も、日本においては、会社の中で一番偉い人が「横文字の方がなんかカッコ良さそうだな~」と思って名乗っている場合が多いです。

例えば社長さんが「CEO」なら、恐らくその会社では社長さんが一番偉いのでしょう。
会長さんが「CEO」なら、恐らくその会社では会長さんがトップで社長さんはNo.2のはずです。
会長さんがいるのに社長さんが「CEO」なら、会長さんは隠居しているのでしょうね。

日本人が「CEO」を名乗っていたら、社長か会長だと思えば大丈夫です。
ついでに言うと、別に「アメリカナイズされた経営をしているよ」のアピールではなく、単にカッコ良さそうだから名乗っているだけだと思います。
役職を見て「あぁ、この会社は分業をきっちりしているのかな」と勘違いすると痛い目にあうのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CEO」って単語が出てきたら「一番偉い人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク