[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オーバーラップ (overlap)

pointこの用語のポイント

point映像表現の技法だよ

pointスーっと消えるのに合わせてホワーンと浮かび上がらせるよ

pointあるいは「オーバーラップウィンドウ方式」のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オーバーラップ (overlap)とは

スーっと消えるのに合わせてホワーンと浮かび上がらせる映像表現の技法のこと。
もしくは

コンピュータの画面上でウィンドウを重ねて表示すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一般的に「オーバーラップ」と言ってイメージされるのは映像関係かサッカー関係の用語だと思います。
映像関係の「オーバーラップ」は元々写っていた画面が消えていくのに合わせて後ろから新しい画面が出てくる奴ね。
サッカーの「オーバーラップ」は後ろの選手(主にディフェンダー)がボールを持っている選手を追い越してドドドドドと上がることです。

オーバーラップ

実はコンピュータ関係では、また別の意味で「オーバーラップ」という言葉を使う場合があります。
正確には「オーバーラップウィンドウ方式」と呼ばれる用語ですが「ウィンドウを重ねて表示できますよ」の意味で使われるのです。
ちなみに「ウィンドウ」は「プログラムを起動したりファイルを開くと画面上に出てくる小さい画面」ね。

「ウィンドウを重ねる」が「オーバーラップ」です。

……とか言っておいてなんですが、使用頻度は多くないと思いますけどね。
日常会話でウィンドウを重ねることを「オーバーラップ」と表現されることは、少なくとも私の周りではありません。
もし会話の中で「オーバーラップ」が出てきたら、映像関連かサッカー関連の用語を想定した方が間違いは少ない気がします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オーバーラップ」って単語が出てきたら「重なってるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク