[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

popd【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

point記憶していたディレクトリを取り出すよ

point「pushd」とセットで覚えてね

スポンサーリンク

簡単に書くよ

popd【コマンド】とは

記憶させたディレクトリを取り出すときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)及びWindows系で使えます。

書き方は、

popd [オプション]

です。
UNIX系はオプションがあります。

■UNIX系

オプション説明
+【数字】スタックの先頭から【数字】番目のディレクトリを取り出す(先頭は0)
-【数字】スタックの末尾から【数字】番目のディレクトリを取り出す(末尾は0)
-pディレクトリを取り出した後、スタックの中身を表示する
-lスタック内のディレクトリを絶対パスで表示する
-vスタックの中身を1行1ディレクトリ、かつ番号付きで表示する

などですね。
Windows系はオプションがありません。

「popd」コマンドコマンドライン上から「pushd」コマンドで記憶されたディレクトリを取り出して移動する際に使います。

UNIX系の場合は

popd +1

のようにスタック内の番号を指定することで任意のディレクトリを取り出すことが可能です。

引数無しで

popd

を実行すると先頭のディレクトリを取り出します。

例えばスタックの中身が

/dir1 /dir2 /dir3

だった場合、

popd

を実行するとスタックの中身が

/dir2 /dir3

となり「/dir1」へ移動します。
再度

popd

を実行するとスタックの中身が

/dir3

となり「/dir2」へ移動します。

ちなみにディレクトリを記憶させる場合は「pushd」コマンドを使います。「pushd」と「popd」でワンセットです。

「pushd」コマンドで記憶させたディレクトリを「popd」コマンドで取り出す場合、取り出す順番は記憶させた順番と逆順になりますのでご注意ください。
例えば

pushd /dir1
pushd /dir2
pushd /dir3

実行後のスタックの中身は

/dir3 /dir2 /dir1

になります。
この状態で

popd
popd
popd

を実行すると

・「/dir3」に移動(スタックの中身「/dir2 /dir1」)
・「/dir2」に移動(スタックの中身「/dir1」)
・「/dir1」に移動(スタックの中身「何も無し」)


のような動きになります。
最初に突っ込まれたものは奥に押し込まれているイメージですね。
手前から順に取り除いていきます。

あと余談ですが「popd」は(多分)「pop directory(ポップ・ディレクトリ)」の略ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「popd」ってコマンドが出てきたら「記憶させたディレクトリを取り出すときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク