[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

taskkill【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsで使えるコマンドだよ

pointプロセスを終了するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

taskkill【コマンド】とは

プロセスを終了するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windows系で使えます。

書き方は

taskkill [オプション]

です。

オプションはちらほらとあります。

オプション説明
/S 【コンピュータ名】接続先コンピュータを指定
/U 【ドメイン\ユーザ】指定ユーザとしてコマンドを実行する
/P 【パスワード】「/U」で指定したユーザのパスワードを指定する
/FI 【フィルタ名】対象に含めるプロセス、除外するプロセスの種類を指定
/PID 【プロセスID】終了させるプロセスのプロセスIDを指定
/IM 【イメージ名】終了させるプロセスのイメージ名を指定
/T指定したプロセスの子プロセスも終了
/F強制終了指定
/?ヘルプを表示する

ですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「taskkill」コマンドコマンドライン上からプロセスを終了する際に使います。
UNIX系(LinuxとかMacとか)の「kill」と用途は一緒です。

少し補足が必要なオプションは「/FI」でしょうか。
オプション「/FI」の使い方は、条件を指定して

taskkill /FI "STATUS eq RUNNING" /IM hoge.exe

のような書き方をします。
ヘルプのコピペですが「/FI」で使えるフィルター指定は以下の通りです。

フィルター名
 →有効な演算子
 →有効な値

・STATUS
 →eq, ne
 →RUNNING,NOT RESPONDING,UNKNOWN

・IMAGENAME
 →eq, ne
 →イメージ名

・PID
 →eq, ne, gt, lt, ge, le
 →PID値

・SESSION
 →eq, ne, gt, lt, ge, le
 →セッション番号

・CPUTIME
 →eq, ne, gt, lt, ge, le
 →「hh:mm:ss」形式の CPU 時間

・MEMUSAGE
 →eq, ne, gt, lt, ge, le
 →メモリ使用量 (KB)

・USERNAME
 →eq, ne
 →[ドメイン\]ユーザーの形式のユーザー名

・MODULES
 →eq, ne
 →DLL 名

・SERVICES
 →eq, ne
 →サービス名

・WINDOWTITLE
 →eq, ne
 →ウィンドウのタイトル


ちなみに「有効な演算子」の指定は

・eq → =
・ne → !=
・gt → >
・lt → <
・ge → ≧
・le → ≦


に対応します。

そんな感じですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「taskkill」ってコマンドが出てきたら「プロセスを終了するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク