[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

kill【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointプロセスを終了するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

kill【コマンド】とは

プロセスを終了するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

kill [オプション] [プロセスID]

です。
オプションはちまちまとあります。

オプション説明
-lシグナルの一覧を表示する
-s 【シグナル】シグナルを送る
 →「-1」:再起動
 →「-HUP」:再起動
 →「-2」:割り込み通知(「Ctrl」+「c」と同じ)
 →「-INT」:割り込み通知(「Ctrl」+「c」と同じ)
 →「-3」:端末からの終了通知
 →「-QUIT」:端末からの終了通知
 →「-4」:不正な命令
 →「-ILL」:不正な命令
 →「-6」:異常終了通知
 →「-ABRT」:異常終了通知
 →「-9」:強制終了通知
 →「-KILL」:強制終了通知
 →「-15」:終了通知
 →「-TERM」:終了通知
 →「-STOP」:停止通知
 →「-CONT」:再開通知
-n 【シグナル】シグナルを送る(「-s」と同じ)

などですね。

「kill」コマンドコマンドライン上からプロセスを終了する際に使います。

オプション指定できるシグナルがあれやこれやとありますが、よく使うのは

kill [プロセスID]

で普通に終了するか

kill -9 [プロセスID]

強制終了するかのどちらかです。
それ以外を使う機会はあまり多くありません。

ちなみにオプションを省略した場合は

kill -TERM [プロセスID]

と同じ扱いになりますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「kill」ってコマンドが出てきたら「プロセスを終了するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク