[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デュアルディスプレイ (dual display)

pointこの用語のポイント

point1つのコンピュータに2つのディスプレイをくっつけるよ

point「デュアルモニタ」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デュアルディスプレイ (dual display)とは

1つのコンピュータに2つのディスプレイをくっつけて画面を表示すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

デュアルディスプレイで「デュアルディスプレイ」です。

デュアルは「2つ」の意味ね。
ディスプレイは「コンピュータにくっつけて画面を移す機器」です。

つまり、2つのディスプレイがくっついて1つの大きいディスプレイっぽく頑張っているのが「デュアルディスプレイ」です。

デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイは「マルチディスプレイ」のお仲間です。
「デュアル」が「2つ」であるのに対し「マルチ」は「2つ以上」ですからね。
デュアルはマルチに含まれます。

デュアルディスプレイにするメリットは画面を広く使えることです。
画面が開くなれば、ながら作業がしやすくなるでしょう。
画面の大きさ自体はディスプレイのサイズに依存しますが、作業に使えるスペースは単純に考えて倍です。
例えば、サブのディスプレイで動画を流しつつメインのディスプレイでお仕事をする、なんて夢のようなこともできますよ。

デメリットはパッと思い浮かびませんが、慣れてしまうと1つのディスプレイで作業しにくくなることでしょうか。
「もう元の身体には戻れない」状態になってしまいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デュアルディスプレイ」って単語が出てきたら「1つのコンピュータに2つのディスプレイがくっつくんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク