[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユニプロセッサ (uni processor)

pointこの用語のポイント

pointCPUが1つだけある状態だよ

point「マルチプロセッサ」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユニプロセッサ (uni processor)とは

コンピュータさんの中にCPU(脳みそ)が1つありますよ、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ユニ」+「プロセッサ」で「ユニプロセッサ」です。

ユニプロセッサ

ユニは「単一の」つまり「1つ」の意味ね。

ユニプロセッサ2

プロセッサは「実際にデータや命令を処理するハードウェア」ですが、ここでは「CPU」のことだと解釈してください。
CPUは「コンピュータの脳みそ」です。

ユニプロセッサ3

つまり、コンピュータの中にCPUが1つある状態が「ユニプロセッサ」です。
シングルプロセッサ」と表現される場合もあります。

ユニプロセッサ4

ここまでの説明を読んで「ん?それって普通じゃないの?」と思う方もいるでしょう。
ハイ、普通といえば普通です。

それでは何でこんな用語があるかですが「デュアルプロセッサ」や「マルチプロセッサ」といった用語があるからです。

デュアルプロセッサは「CPUが2つある状態」を指す用語です。

ユニプロセッサ5

マルチプロセッサは「CPUが2つ以上ある状態」を指します。

ユニプロセッサ6

ユニプロセッサは、これらの用語と対比する際に使われます。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・ユニプロセッサ:CPUが1つ
・デュアルプロセッサ:CPUが2つ
・マルチプロセッサ:CPUが2つ以上


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユニプロセッサ」って単語が出てきたら「CPUが1つだけなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク