[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチプロセッサ (multi processor)

pointこの用語のポイント

pointCPUが2つ以上ある状態だよ

point「ユニプロセッサ」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチプロセッサ (multi processor)とは

コンピュータさんの中に2つ以上のCPU(脳みそ)がありますよ、のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

マルチ」+「プロセッサ」で「マルチプロセッサ」です。

マルチプロセッサ

マルチは「複数(2つ以上)」の意味ね。

マルチプロセッサ2

プロセッサは「実際にデータや命令を処理するハードウェア」ですが、ここでは「CPU」のことだと解釈してください。
CPUは「コンピュータの脳みそ」です。

マルチプロセッサ3

つまり、コンピュータの中に2つ以上のCPUがある状態が「マルチプロセッサ」です。
2つ「以上」なので、2つでも、3つでも、それ以上でも、マルチプロセッサと呼びます。

マルチプロセッサ4

想像すると気持ち悪いでしょうが、脳みそが2つ、3つある人を考えてみてください。
なんか頭が良さそうですよね?
2倍、3倍まではいかなくても1.5倍から2倍くらいは賢そうな気がします。
そのイメージをコンピュータで実現したのがマルチプロセッサです。

なお、脳みそが1つしかない状態は「ユニプロセッサ」や「シングルプロセッサ」と言います。

マルチプロセッサ5

ユニプロセッサ(シングルプロセッサ)はマルチプロセッサと対比される用語です。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチプロセッサ」って単語が出てきたら「CPUが2つ以上あるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク