[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロセッサ (processor)

pointこの用語のポイント

pointデータや命令を処理するハードウェアだよ

pointCPUのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロセッサ (processor)とは

実際にデータや命令を処理するハードウェアのこと。
もしくは

CPU(コンピュータの脳みそ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」ね。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

プロセッサ

このプロセスを実際に動かす仕事をしている部品が「プロセッサ(processor)」です。
「プロセス(process)」+「~する人・物(接尾辞:or)」で「プロセッサ(processor)」ですね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

コンピュータさんが働くとき、実際に計算をしているのは「CPU」です。
CPUはコンピュータの脳みそです。
人間様やプログラムから命令されると、CPUさんが湯気を出しながら頑張って計算します。

プロセッサ2

このCPUを指して「プロセッサ」と表現するのが一般的です。

プロセッサ3

ただし、必ずしも「CPU=プロセッサ」では、ありません。
「プロセッサ」という用語は、もう少し大きなくくりの用語です。
本来の意味でいえば「実際にデータや命令を処理するハードウェア」がプロセッサです。

つまり「プロセッサ」カテゴリの中に「CPU」があります。
プロセッサが「ひみつ道具」だとしたら、CPUは「どこでもドア」のイメージです。

プロセッサ4

「○○プロセッサ」や「○○のプロセッサ」と表現された場合は、広い意味のプロセッサだと解釈してください。
単に「プロセッサ」と言った場合は、どこでもドア……もとい、CPUを指していると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロセッサ」って単語が出てきたら「コンピュータの中にある実際に計算をする部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク