[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ログインシェル (login shell)

pointこの用語のポイント

pointログインして最初に動き出すシェルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ログインシェル (login shell)とは

コンピュータ株式会社を訪問したときに最初に声をかけてくる受付のおねーさんのこと。
もう少し真面目に書くと

ログインして最初に動き出すシェルのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「シェル」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

シェルは「人間様からの入力をコンピュータさんに伝えるプログラム」です。

ログインシェル

コンピュータをひとつの会社に例えると、受付のおねーさんみたいなイメージですかね。

ログインシェル2

訪問者であるピヨ太君は、受付のおねーさんに用件を言います。
例えば「ピヨ太ママに弁当を渡しに来ました」と言ったとしましょう。

ログインシェル3

受付のおねーさんは、ピヨ太君の代わりにピヨ太ママに用件を伝えてくれます。
受付のおねーさんはピヨ太ママに「ご子息様が、お弁当を届けに来てくださったようです」と伝えてくれました。

ログインシェル4

おっと、どうやらピヨ太ママは取り込んでいるようです。
ピヨ太ママは受付のおねーさんに「お茶でも出して待たせておいて」と言いました。

ログインシェル5

受付のおねーさんはピヨ太君に「まぁ、茶でも飲んで待ってろや」というのを丁寧な口調で告げました。

ログインシェル6

この受付のおねーさんの役割を果たすプログラムがシェルです。
人間様とコンピュータの中身の仲介をします。

ログインシェル7

ついでに書いておくと、ピヨ太君がパソコンを使っている人間です。
ピヨ太ママは、パソコンの中身に相当します。

ログインシェル8

シェルは、人間様がログインすると、動き出します。

ログインシェル9

人間様がログアウトすると、シェルの仕事も終わりです。
お疲れ様でした。

ログインシェル10

ログイン中の入力は、すべてシェルが受け取ります。
シェルの手によって、しかるべきプログラムに人間様の指示が伝えられます。

ログインシェル11

あなたがパソコンの中身と直接やり取りすることはありません。
あなたがやり取りする相手は、シェルです。
そして、シェルがあなたの代わりに、パソコンの中身とやり取りしてくれます。

ログインシェル12

以上がシェルの説明です。

ここまでを踏まえて、ログイン直後に動き出すシェルが「ログインシェル」です。
会社を訪問して最初に相手をしてくれる受付のおねーさんですね。

ログインシェル13

なぜ「ログインシェル」という用語があるかと言うと、使うシェルを途中で変更できるからです。

シェルは、いろいろあります。
受付のおねーさんが複数人いるイメージです。
相手をしてくれるおねーさんは1人ですけどね。
2人以上のおねーさんが待機していて、あなたは好きなおねーさんを選べます。
また、途中で、相手をしてくれるおねーさんを変えることもできます。

実際のシェルは

sh
bash
ksh
csh
tcsh
zsh


などです。
この中から好きなおねーさん、もとい、シェルを選んで使います。

ここまでの話を整理すると

1.シェルはログイン直後から動き出す
2.2つ以上のシェルを同時に使えない(1度に使えるのは1つだけ)
3.使うシェルを途中で変えることができる


となります。

つまり

ログインした直後は「bash」を使っていたけど途中で「tcsh」に変える

のようなこともできるのです。
このときのログイン直後に使っていたシェル「bash」がログインシェルに相当します。

「ログインシェル」と言った場合は「ログインした直後に動くシェルのお話だよ!」と解釈してください。
例えば

ログインシェルを「bash」から「tcsh」に変更した

であれば

前はログインした直後に「bash」が動くようになっていたけど「bash」じゃなくて「tcsh」が動くように変更したよ!

の意味になります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ログインシェル」って単語が出てきたら「ログインして最初に相手してくれるシェルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク