[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スパイウェア (spyware)

pointこの用語のポイント

point悪いことをするプログラムだよ

pointコンピュータの情報をパクってどこかに送るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スパイウェア (spyware)とは

コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんの中に隠れてこっそり悪さをするプログラムが「スパイウェア」です。
よく分からない人はコンピュータウイルスの種類だと思っても構いません。

スパイウェア

昔は悪いプログラム全般を「コンピュータウイルス」と呼んでいました。
それが、いつの頃からか、悪さの内容によって、呼び分けがされるようになったのです。
最近では、以下のように分類することが多いように感じます。

・マルウェア:悪いことをするプログラム全般
・コンピュータウイルス:コンピュータの中身に対して悪いことをするプログラム
スパイウェア:コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム


悪いことをするプログラムは「マルウェア」と呼び、マルウェアの分類として「コンピュータウイルス」や「スパイウェア」があるイメージです。

スパイウェア2

人間社会に例えれば

マルウェア:犯罪
コンピュータウイルス:泥棒とか放火とか
スパイウェア:盗聴とか盗撮とか


みたいなイメージでしょうか。
どれも迷惑なことには変わりないですね。

スパイウェアは、悪いことをするプログラムの中でも、こっそり悪さをするやつです。
例えば、情報を盗んでどこかに送ったりですね。
使っている人にバレないように気を付けながら、悪さをします。

スパイウェアの感染経路は様々です。
インターネットやメールUSBメモリなど、いろいろな可能性があります。
極端な話、コンピュータの中に最初からあったもの以外は、すべて原因になり得ると考えても間違いではありません。

万全を期すなら、コンピュータには何も入れないことです……が、現実的ではありませんよね。

考え方は人間の風邪と一緒です。

人間の風邪の場合も「風邪のウイルスを避けて一生外出しない」は現実的ではありません。
対処法としては

・免疫力を高める
・定期的に健康状態をチェックする
・拾い食いをしない
・風邪が流行っているところに行かない


あたりが一般的です。

スパイウェアの場合も同じです。

ウイルスセキュリティソフトを入れる(免疫力を高める)
ウイルススキャンをする(定期的に健康状態をチェックする)
・怪しいファイルは開かない(拾い食いをしない)
・変なサイトを見たり、怪しいソフトを使わない(風邪が流行っているところに行かない)


あたりが、一般的な対処法です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スパイウェア」って単語が出てきたら「こっそり情報を盗むプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク