[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

sudo【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointスーパーユーザの権限でコマンドを実行するよ

point他のユーザの権限でコマンドを実行するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

sudo【コマンド】とは

スーパーユーザ(や他のユーザ)の権限でコマンドを実行するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

sudo [オプション] [実行するコマンド]

です。
オプションはなんか知らんけどいっぱいあります。

オプション説明
-Aよく分からん
-bコマンドをバックグラウンドで実行する
-C【ファイルディスクリプタ】どのファイルディスクリプタから閉じていくかを指定できるらしい。よく分からん。
-E「現在の環境変数をそのまま使いたいんだけどー」と主張してくれるらしい
-e「コマンドを実行したいんじゃなくてファイルを編集したいんだよ」と主張してくれるらしい
-g【グループ】【グループ】としてコマンドを実行する
-H環境変数「HOME」にユーザホームディレクトリを設定する
-hヘルプを表示する
-i【コマンド】ログインシェルとして実行されるらしい。よく分からん
-K「-k」と似てるけどちょっと違うらしい。保存された認証情報を消しちゃうの?
-k次にsudoコマンドを実行した際にパスワードを要求される
-Lよく分からん
-l実行したユーザに対する権限を表示する
-nユーザにパスワードを要求しない。パスワードが必要な場合はエラー終了する
-P所属するグループのリストをそのまま使用するらしい。よく分からん。
-p【プロンプト】パスワードプロンプトを好きな文字列に変更できるらしい
-r【ロール】ロールを指定できるらしい
-Sパスワードを標準入力から受け付けるらしい。ふーん
-s環境変数「SHELL」に設定されているシェルで実行する
-t【タイプ】よく分からん
-U【ユーザ】【ユーザ】に対する権限を表示する。「-l」と一緒に使う
-u【ユーザ】【ユーザ】としてコマンドを実行する
-Vバージョン情報とかあれやこれやを表示する
-v認証情報を更新する。sudoのタイムアウト時間が延びる
--以降をコマンドライン引数と見なさない

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「sudo」コマンドコマンドライン上から他のユーザ権限でコマンドを実行する際に使います。

オプションはいっぱいありますが、あまり気にする必要はありません。
スーパーユーザとして実行したければ

sudo 【コマンド】

他のユーザとして実行したければ

sudo -u【ユーザ】 【コマンド】

さえ覚えておけば事足ります。
他のオプションは必要になったら都度調べる感じで良いんじゃないですかね。

ちなみに何も指定しないで

sudo

と打った場合、オプション関連のヘルプが表示されますよ。

あと余談ですが「sudo」は「su do」で「substitute user(もしくはswitch user) do」の略みたいです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「sudo」ってコマンドが出てきたら「他のユーザ権限でコマンドを実行するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク