[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

umask【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointパーミッションの既定値を設定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

umask【コマンド】とは

パーミッションの既定値を見たり決めたりするときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

umask [オプション] [マスク値]

です。
オプションはsh系の場合、少しだけあります。

オプション説明
-pマスク値を8進数の数値(「0022」とか)で表示する
-Sマスク値を記号(「u=rwx,g=rx,o=rx」とか)で表示する

ですね。

「umask」コマンドコマンドライン上からパーミッションのマスク値を設定、転じてパーミッションの既定値を決める際に使います。

そもそも「マスク値ってなんじゃ?」と思うかもしれませんね。
「マスク値」は「やっちゃ駄目なことだよ値」です。

実は新規作成したファイルディレクトリのパーミッションは、なーんにもしていないとファイルが「666(rw-rw-rw-)」でディレクトリが「777(rwxrwxrwx)」になるのです。

おいおい、みんながやりたい放題かよ。あぶねーじゃん。

そう不安を覚えるかもしれませんね。
私もそう思います。
だからと言って毎度毎度

chmod 644 【ファイル名】

のようにパーミッションを変更するのも大変ですよね。

そこで事前に「やっちゃ駄目」なことを設定しておくとOSさんが配慮してくれる仕組みがあるのです。

その「やっちゃ駄目」なことを設定するコマンドが「umask」です。
例えば

umask 022

と設定した場合「自分のやっちゃ駄目なことは無いよ、仲間は書くのは駄目、他人様も書くのは駄目」な指定になります。
この指定をOSさんが汲み取ってくれて

■ファイル
「666(rw-rw-rw-)」-「022」=「644(rw-r--r--)」

■ディレクトリ
「777(rwxrwxrwx)」-「022」=「755(rwxr-xr-x)」

をパーミッションの既定値としてくれるのです。
この引き算する値を決めるコマンドが「umask」です。

ファイル単体の権限を変更したければ「chmod」を使うのが普通なので、使う機会は多くないコマンドですね(-。-)ぼそっ

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「umask」ってコマンドが出てきたら「パーミッションの既定値を決めるときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク