[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tar【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointtarファイルを作ったり展開したりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tar【コマンド】とは

tarファイルを作ったり展開したりするときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

tar [オプション] [tarファイル名] [合体させるファイルとかディレクトリ]

です。
オプションはいっぱいあります。

オプション説明
-A2つのtarファイルを合体させる
-ctarファイルを作る
-dtarファイルの中身と実際のファイルを比較する
-rtarファイルにファイルを追加する
-ttarファルの中身を表示する
-utarファイルの中身より新しいファイルのみtarファイルに追加する
-xtarファイルを展開する
-C【ディレクトリ】【ディレクトリ】に移動してからtarファイルをあれこれする
-f【tarファイル名】【tarファイル名】に対してあれこれする
-jbzip2形式で圧縮/解凍する
-pファイルのパーミッション情報を保持する
-v処理したファイルを画面に表示する
-zgzip形式で圧縮/解凍する

などですね。
他にもいっぱいありますが書くのが面倒くさい、もとい使用頻度が高くないので省略します。
オプションは複数組み合わせて指定できますよ。

「tar」コマンドコマンドライン上からtarファイルをあれやこれやする際に使います。
ちなみに「tarファイル」はアーカイブの一種です。
アーカイブ」は「複数のファイルを一つにキュッとまとめたファイル」ね。

オプションがあれやこれやとありますが、気にする必要はまったくありません。

■tarファイルの作成
tar cvf 【tarファイル名】 【合体させるファイルとかディレクトリ】

■tarファイルにファイルを追加
tar rvf 【tarファイル名】 【合体させるファイルとかディレクトリ】

■tarファイルの中身を表示
tar xvf 【tarファイル名】

■tarファイルを展開
tar tvf 【tarファイル名】

だけ丸暗記しておけば、日常生活ではほぼ事足ります。

あと余談ですが「tar」は「tape archival format(テープ・アーカイバル・フォーマット)」の略だそうです。
「ふ~ん(--)」って感じですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tar」ってコマンドが出てきたら「tarファイルをあれこれするときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク