[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

useradd【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointユーザを追加するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

useradd【コマンド】とは

ユーザを追加するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

useradd [オプション] [ユーザ名]

です。
オプションは結構あります。

オプション説明
-b【ディレクトリホームディレクトリを作成するディレクトリを指定する。作成されるホームディレクトリは「【ディレクトリ】/ユーザ名」になる
-c【コメント】コメントを設定する
-d【ディレクトリ】ホームディレクトリを指定する
-Dデフォルト値を確認、設定する
-e【日付】アカウントの有効期限を設定する。
-f【数字】パスワードの有効期限切れからアカウントが無効になるまでの日数を指定する
-g【グループ】ログインした際のグループを指定する
-G【グループ】所属グループを指定する。カンマ区切りで複数指定可能
-hヘルプを表示する
-k【ディレクトリ】ユーザのホームディレクトリにコピーするファイルのあるディレクトリを指定する
-K【キー】=【値】「/etc/login.defs」の内容を上書きする?
-l作成したユーザをlastlogに追加しないらしいがよく分からん
-Mホームディレクトリを作成しない
-mホームディレクトリが存在しない場合、作成する
-nよく分からん
-oユーザIDが既に存在してもそのまま続ける。「-u」と一緒に使用する
-p【暗号化したパスワード】パスワードを設定する
-rシステムアカウントの作成時に使用する
-s【シェルログインシェルを指定する
-u【ユーザID】ユーザIDを指定する
-Zよく分からん

などですね。
オプションは複数組み合わせて指定できます。

「useradd」コマンドコマンドライン上からユーザを追加する際に使います。
必要な内容はすべてオプションで指定しますよ。

オプションが多くて涙目になりそうですね。
でも普通にユーザを作る分にはそこまで難しくありません。
まずは

useradd -D

でユーザを作成した際にデフォルトで設定される内容を確認します。
そのまんまで良ければ

useradd -m 【ユーザ名】

を実行すればユーザの作成は完了です。
「-m」オプションが無いとホームディレクトリが作成されない場合があるのでご注意くださいね。
それ以外のオプションはあれやこれやと調整したいときに指定すればOKです。

ちなみに作成したユーザにパスワードを設定したければ

passwd 【ユーザ名】

で設定できます。

実はユーザを作成するコマンドには「adduser」というコマンドもあります。
この「adduser」というコマンドが紛らわしくてですね。
環境によってコマンドの中身が違うのです。
例えばCentOSでは「adduser」は「useradd」のシンボリックリンク(つまり中身は一緒)です。
Ubuntu、FreeBSDでは「adduser」を実行すると対話式(質問に答えていく形)でユーザを作れちゃいます。

「useradd」は言われたことを的確にやるけど言わない限り余計なことはやらないイメージですね。
「adduser」は簡単に設定できるようにあれやこれやと世話を焼いてくれるイメージです。
ただし「adduser」がどんな挙動を示すかは環境に依存するので気を付けてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「useradd」ってコマンドが出てきたら「ユーザを追加するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク