[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

whois【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointドメイン情報を取得するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

whois【コマンド】とは

ドメイン情報を取得するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

書き方は、

whois [オプション] [対象のドメイン名]

です。
オプションはそこそこあります

オプション説明
-aよく分からん
-c使用する設定ファイルを指定する
-h【ホスト検索に使用する【ホスト】を指定する
-iリダイレクト情報を全部表示する?
-n問い合わせ先ホストに情報が無い場合諦める(リダイレクトしない)
-p使用するポート番号を指定する
-rrwhoisがうんちゃら
-sよく分からん
-vなんかデバッグ情報とかも出力するらしい

ですね。
「-a」「-r」「-s」は、使ってみたのですがよく分かりませんでした。

「whois」コマンドコマンドライン上からドメイン情報を取得する際に使います。

単純に

whois i-3-i.info

のような形で実行すると設定ファイル(「-c」オプション未指定時は「/etc/jwhois.conf」)の内容に従って調べにいってくれますよ。

ちなみにドメイン名を指定しないで

whois [オプション]

と打った場合、ヘルプが表示されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「whois」ってコマンドが出てきたら「ドメイン情報を取得するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク