[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マクロ (macro)

pointこの用語のポイント

point操作手順などを記録するよ

point記録した手順を実行するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マクロ (macro)とは

事前に操作手順などを記録しておいて、その記録した内容をまとめて実行できるようにする機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

Excelさんとかに付いている機能です。
操作手順などを記録して、その記録した内容を自動的に実行させる機能が「マクロ」です。

マクロ

まず、やる操作をExcelさんに覚えさせます。
力いっぱい叩き込みます。

マクロ2

その後「おい、動け!」と命令します。
そうすると、まるで「あなたに操作されたかのように」動いてくれるのです。

マクロ3

あっ、この行をコピーですか。
ハイハイ。

あっ、それをこっちに貼り付けるのですね。
承知しました。

みたいな感じですね。

あなたは実際にはコピーや貼り付けの操作をしていません。
ですが、事前に「おい、コピーして貼り付けの操作をするから。というより、したことにするから。例え実際にしてなくても、されたと思って動け!」ときつーく命令してあります。

そこでExcelさんは操作されたつもりになって動いてくれるのです。

このような

1.事前に操作方法などを記録する
2.記録した内容を実行させる


仕組みがマクロです。

マクロは同じ操作を何回もしなくてはいけないときに重宝します。
記録させる内容を工夫すると、ある程度プログラムコードを書かせることもできますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マクロ」って単語が出てきたら「操作手順などを記録&実行する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク