[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ワーム (worm)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータウイルスの種類だよ

point自分で自分を複製してどんどん広がっていくよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ワーム (worm)とは

コンピュータウイルスの種類を指す用語
であり

自分で自分を複製して、どんどん広がっていくタイプのコンピュータウイルスのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータウイルスは「外からコンピュータの中に忍び込んできて、コンピュータの動きをおかしくしたり、情報を盗んでいったり、他のコンピュータにも広がったりする悪いプログラム」ね。
最近では「マルウェア」と表現されることもあります。

ワーム

コンピュータウイルスには、いろいろな種類があります。
その中の1つで、自分で自分を複製して、どんどん広がっていくタイプのコンピュータウイルスを指す呼び名が「ワーム」です。

ワーム2

ワームは、放っておくと、インターネットなどを通して、どんどん広がっていきます。
インフルエンザみたいなものですね。

感染したと分かったら、何はともあれ

1.LANケーブルを引っこ抜く!
2.無線LANも無効にする!


を、すぐにやってください。
感染したコンピュータをネットワークから切り離すのです。

コンピュータに感染したワームをどうこうするのは、その後です。
まずは外に被害が広がるのを押さえましょう。

インフルエンザと同じです。
あなたがインフルエンザに罹ったら、会社や学校はお休みしますよね?
それは安静にすることが大事である以上に、他の人にうつさないためです。

ワームも、放っておくと、どんどん広がっていきます。
まずは外に出ない(被害が拡大しない)ようにしてください。
やっつけるのは、その後です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ワーム」って単語が出てきたら「自分で自分を複製していくコンピュータウイルスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク