[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

隠しテキスト

pointこの用語のポイント

pointホームページに載せている文章だよ

point人の目につかないように載せてるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

隠しテキストとは

普通にホームページを見ている分には見つけにくい文字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

秘密の目印のイメージですね。
普通にホームページを見ている分には見えませんが、ある一定の条件を満たすと見ることができる文字が「隠しテキスト」です。

隠しテキスト

隠しテキストを設置する目的は主に3つあります。

1.お遊びのため
2.ネタバレ防止のため
3.検索エンジンさんを騙すため


の3つです。

「1.お遊びのため」はイタズラ心ですかね。
そのテキストを見つけた人だけクスリと笑える仕掛けです。
隠しテキストとはちょっと違いますが、このページのソースファイルにも……ですよ。

「2.ネタバレ防止のため」は読書感想やゲームの感想などで使われます。
話の根幹に触れる感想を書くときは文字色と背景色を一緒にして見たい人だけ見られるようにしたりしますが、あれも「隠しテキスト」の一種です。

「3.検索エンジンさんを騙すため」は良くないSEOです。
検索エンジンさんがホームページのランクを決めるときには、キーワードの出現率というのも考慮します。
例えば名刺に「医者」と書いてあるのに法律に関するお話ばっかりしていたら「あれ?この人医者じゃないの?」と疑問を覚えますよね。
同じように検索エンジンさんも「読書ブログ」と銘打っているのにエッチな話ばっかりしていたら「あれ?これって読書ブログじゃないの?」と疑問を覚えるのです。
「違うよ!これは読書ブログだよ!」とアピールするためには本のお話をすれば良いのですが、ホームページを見に来てくれた人とはエッチな話で盛り上がりたい。
そんなときに隠しテキストで本に関する単語を入れたりします。
とは言っても、それが検索エンジンさんにバレるとちょー怒られるので、やらない方が良いですけどね。

実際の隠しテキストのやり方ですが、主流は文字の色と背景色を同じ色にする手法です。
あとは小さ~い文字にすることですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「隠しテキスト」って単語が出てきたら「見えにくくなっている文字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク