[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

染料インク (dye ink)

pointこの用語のポイント

pointプリンタのインクだよ

point水彩絵具的なインクだよ

pointインクが紙の中に染み込むよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

染料インク (dye ink)とは

水彩絵具っぽいインクのこと。
もう少し具体的に書くと

インクジェットプリンタ用のインクの種類で、インクが紙の中に染み込むタイプのインクのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「プリンタ」と「インクジェットプリンタ」あとは「インク」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プリンタは、ざっくり書くと「印刷する機械」です。
「これをちょっくら印刷してよ」とコンピュータさんから指示された内容を、紙やファイル出力するのが、お仕事です。

染料インク

プリンタは、印刷のやり方によって、いくつかの種類に分類できます。
その分類のひとつで、インクを紙に「プッ!(>3<)∴」と吹き付けることで印刷するプリンタを「インクジェットプリンタ」と言います。

染料インク2

インクジェットプリンタさんが印刷するときにやる「プッ!(>3<)∴」の「∴」の部分は「インク」と言います。
印刷するときに使う色付きの液体です。

染料インク3

インクには

1.水彩絵具っぽいインク
2.油絵具っぽいインク


の2種類があります。

以上を踏まえて、この2種類のインクのうち

1.水彩絵具っぽいインク

が「染料インク」です。

染料インクは、醤油やお酢のように、インクが水に溶けた状態で存在します。
紙にくっつくと、中にじんわり染み込んでいくインクです。
中間色などの色が綺麗に出る反面、水や光に弱かったりします。
「塗る」というよりは「染める」に近いイメージですね。

染料インク4

染料インクは、貧弱だけど器用な魔法使いのイメージです。

あと、ついでなので書いておくと

2.油絵具っぽいインク

は「顔料インク」と言います。

顔料インクは「インクの粒子が紙の表面に乗っかるタイプのインク」です。
にじみにくく、水や光に強いので、屋外に貼るポスターとかに向いています。

染料インク5

一方で、微妙な色合いの表現とかは苦手です。
頑丈だけど不器用な戦士のイメージですかね。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

染料インク
・水彩絵具っぽい
・中に染み込む
・水や光に弱い
・細かい色の表現が得意

顔料インク
・油絵具っぽい
・上に乗っかる
・水や光に強い
・細かい色の表現が苦手


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「染料インク」って単語が出てきたら「水彩絵具的なインクなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク