[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スクリプト (scrpit)

pointこの用語のポイント

pointプログラムだよ

pointメモ帳で開くと中身を読めるよ

point書いてすぐ実行できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スクリプト (scrpit)とは

メモ帳で開くと中身を読めるプログラムのこと。
もう少し真面目に書くと

ソースコード記述→即実行、が可能なプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プログラムというのは本来

1.人間の分かる言葉でコンピュータにやらせることを書く(テキストソースコードを記述)
2.「1.」で書いた内容をコンピュータが分かる言葉(機械語)に翻訳(コンパイル作業)
3.「2.」に従ってコンピュータさんがお仕事をする

の流れになります。
この流れの中で、見かけ上「2.」の工程(コンパイル作業)を飛ばせるプログラムが「スクリプト」です。

スクリプト

実際にはコンパイル作業もやっているのですが、それはコンピュータさんが舞台裏で勝手にやってくれています。
そのため、人間様の目から見ると、あれやこれやと書いて保存するとすぐ実行できるプログラムなのです。

例えばJavaScriptPHPPerlなどが「スクリプト」にあたります。
「書く→保存→即実行」ができますからね。

よく分からなければ「メモ帳で開いて中身を読めるプログラムはスクリプト」と思っても構いません。
識者の方からは怒られそうですが、そこまで間違ってはいないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スクリプト」って単語が出てきたら「書いてすぐ実行できるプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク