[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スクリプト (scrpit)

pointこの用語のポイント

pointプログラムだよ

point書いて、すぐ実行できるよ

pointコンパイルとかの作業は、コンピュータが裏でこっそりやってくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スクリプト (scrpit)とは

「ソースコードを書く→すぐに動かす」ができるプログラム。
もう少し具体的に書くと

人間語で書いたプログラムの元ネタをコンピュータさんが分かる形に変換する作業(コンパイル)を人間様が意識しないで済むプログラム
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずはプログラムを作って動かす流れを大雑把に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プログラムが作られて動くまでの流れは

1.人間様の分かる言葉でコンピュータにやらせることを書く
2.1で書いた内容をコンピュータが分かる言葉に翻訳する
3.2の内容に従ってコンピュータさんがお仕事をする


です。
専門用語を使って書くと

1.プログラミングする
2.コンパイルする
3.実行する


となります。

スクリプト

以上を踏まえて、プログラムが作られて動くまでの流れである

1.プログラミング
2.コンパイル
3.実行


の工程のうち、2の工程が(見かけ上は)不要なプログラムが「スクリプト」です。
スクリプトに分類されるプログラムは、書いて、すぐに動かせます。

スクリプト2

人間語で書いたプログラムの元ネタは、コンピュータさんが分かる形に変換する必要があります。
これは絶対です。
やらないわけには、いきません。
スクリプトに分類されるプログラムも、実際にはコンパイル作業が行われています。

スクリプト3

ただし、その作業は、コンピュータさんが舞台裏で勝手にやってくれます。
人間様が意識する必要は、ありません。

スクリプト4

そのため、人間様には、あれやこれやと書いて保存した内容が、すぐにプログラムに反映されたように見えます。
わざわざ面倒なコンパイル作業を行わなくてもOK(に見える)のです。

例えば、JavaScriptPHPPerlなどで作ったプログラムはスクリプトです。

仮に、PHPで書いた以下のソースコード(人間語で書いたプログラムの元ネタ)があったとしましょう。

print "ピヨ太";

処理の内容は「画面に『ピヨ太』と表示してね」です。
このPHPのプログラムを実行すると、画面上に

ピヨ太

と表示されます。

処理の内容を以下のように変更して保存しました。

print "ピヨ子";

このPHPのプログラムを実行すると、画面上に

ピヨ子

と表示されます。

人間様の目から見ると

1.ソースコードの「ピヨ太」を「ピヨ子」に変更して保存した
2.実行したら画面に「ピヨ子」と表示された


です。

ただし、実際に行われているのは

1.ソースコードの「ピヨ太」を「ピヨ子」に変更して保存した
2.ソースコードをコンピュータが分かる形に変換した
3.実行したら画面に「ピヨ子」と表示された


です。
2の工程は人間様の目に見えないところで、こっそり行われています。

このように、コンパイル作業(と、それに付随する諸々の作業)が人間様の目に見えないところで勝手に行われることで、人間様にとっては「ソースコードを書く→すぐに動かす」ができるプログラムがスクリプトです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スクリプト」って単語が出てきたら「書いて、すぐ実行できるプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク